教育・研究

工学部教員プロフィール

工学部教員プロフィール

長谷川 大

基本情報
氏名(漢字) 長谷川 大
氏名(カナ) ハセガワ ダイ
氏名(英語) HASEGAWA Dai
所属 工学部 生命工学科
職名 准教授
最終学歴 北海道大学大学院情報科学研究科
取得学位 学士(工学)(北海道大学)
修士(情報科学)(北海道大学)
博士(情報科学)(北海道大学)
所属学会 情報処理学会
電子情報通信学会
日本知能情報ファジィ学会
人工知能学会
言語処理学会
教育工学会
ACM
専門分野 ヒューマンコンピュータインタラクション
研究テーマ Embodied Conversational Agent, Non-verbal Interaction, Avatar-Mediated Interaction
教育活動
主要担当科目 学士課程 アルゴリズム概論
研究活動
研究業績
(10点以内)
学術論文 長谷川大, 白川真一, 佐久田博司, “Pedagogical Agent の導管メタファ・ジェスチャが学習者の理解に与える効果”, 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」, Vol 4,No. 1,2018年2月. (採録決定)
学術論文 長谷川大, 佐久田博司, “擬人化エージェントによるAR道案内システム”, 知能と情報 (日本知能情報ファジイ学会誌), Vol. 29, No. 6, pp. 670-677, 2017年12月.
学術論文 長谷川大,小林裕,白川真一,佐久田博司,安彦智史,安達栄治郎,中山栄純,“アバタ媒介型見守りシステムの開発”,知能と情報 (日本知能情報ファジイ学会誌),Vol. 28, No. 6, pp.974-985, 2016年12月.
学術論文 塙 俊樹,白川 真一,長谷川 大,塩入 直哉,大原 剛三,佐久田 博司,“条件付き確率場を用いた発話テキストに対するジェスチャの推定”,電気学会論文誌C,Vol.136,No.3,pp.308-317, 2016年3月.
学術論文 早川和輝,長谷川大,佐久田博司,“主観視点の3D手本動作教材提示によるドラム演奏学習支援および熟練者視線情報を利用した教材による学習効果”,知能と情報 (日本知能情報ファジイ学会誌),Vol.28, No.1, pp.511-521, 2016年2月.
学術論文 長谷川 大,安彦 智史,小林 裕,佐久田 博司,“自律移動型デジタルサイネージにおける生物らしさがもたらす情報伝達効果”,情報システム学会誌,Vol.11, No. 1, pp.1-12, 2015年12月.
学術論文 Dai Hasegawa, Shinichi Shirakawa, Naoya Shioiri, Toshiki Hanawa, Hiroshi Sakuta, Kozo Ohara, “The Effect of Metaphoric Gestures on Schematic Understanding of Instruction Performed by a Pedagogical Conversational Agent,” In Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 9192, pp. 361-371, 2015.
学会発表 Kenta Takeuchi, Dai Hasegawa, Shirakawa Shinichi, Naoshi Kaneko, Hiroshi Sakuta, Kazuhiko Sumi, “Speech-to-Gesture Generation: A Challenge in Deep Learning Approach with Bi-Directional LSTM,” the Proceedings of 5th International Conference on Human Agent Interaction (HAI2017), pp. 365-369, Bielefeld, Germany, October 17-20, 2017.
学会発表 Kengo Obana, Dai Hasegawa, Hiroshi Sakuta, “Change in Subjective Evaluation of Weight by the Proteus Effect,” Communications in Computer and Information Science (CCIS), Vol. 713, pp. 353-357, 2017.
学会発表 Kenta Takeuchi, Dai Hasegawa, Hiroshi Sakuta, “Creating a Speech-Gesture Dataset for Speech-Based Automatic Gesture Generation,” Communications in Computer and Information Science (CCIS), Vol. 713, pp. 198-202, 2017.
科研費等学外資金による研究 若手研究(B),研究課題: Pedagogical Agentを利用したMOOCの構築 (代表, 2017~2020).
若手研究(B), 研究課題: 対話エージェントを利用したeラーニング学習支援 (代表, 2013~2016).
戦略的情報通信研究開発推進事業 (SCOPE), 研究課題: 介護支援人型エージェントによる地域医療コミュニティネットワークの研究開発 (分担, 2013~2014).
学術賞受賞歴 優秀論文賞,情報教育シンポジウム,2015.
奨励賞,日本知能情報ファジイ学会,2010.
Best Presentation Awards, the 19th Intelligent System Symposium, 2009.
社会活動
公的社会活動 Program Committee, The first International Workshop on Emotion and Affective Computing Interface and Systems (a workshop in COMPSAC2018).
Program Committee, The Third Linguistic and Cognitive Approaches to Dialog Agents (a workshop in IJCAI2017).
Technical Program Committee, 5th EAI International Symposium on Pervasive Computing Paradigms for Mental Health (MindCare2015).

pagetop