学部・大学院

法学部

法学部

大学で法を学ぶということは、暗記するように法律を覚えることではなく、社会における対立を調整し、秩序の維持を図るために必要な法律の背景を読み解き、公平な判断で納得できる解決を導きだす思考を養うことにあります。 社会に起こる問題を分析し、解決方法を見つけるための法的・政治的アプローチを身につけ、行政や企業などにおいて、さまざまな意見や利害の対立を調整できる人材を目指します。

学びのキーワード

法律学科 リーガルマインド、憲法、民法、裁判、刑法、行政法、労働法、紛争解決、公務員
政治学科 行政、地方自治、NPO、地方財政、国際政治、ジャーナリズム、選挙、議会

教育研究上の目的

法律学科
本学の建学精神である自主独立の「開拓者精神」にのっとり、現代社会のさまざまな問題に対し、法律学・政治学などに関する幅広い見識に基づき、法的思考を用いて、主体的に立ち向かうことのできる学生を育成するとともに、わが国及び国際社会における法的紛争を予防し解決するために必要とされる総合的分析能力及び批判的検討能力を陶冶し、もって人類社会に貢献することを目的とする。

政治学科
本学の建学精神である自主独立の「開拓者精神」にのっとり、現代社会のさまざまな問題に対し、政治学・法律学などに関する幅広い見識に基づき、政治学的思考を用いて、主体的に立ち向かうことのできる学生を育成するとともに、わが国及び国際社会における政治現象に対する総合的分析能力及び批判的検討能力を陶冶し、もって人類社会に貢献することを目的とする。

(学部規則第1条の2)

pagetop