学部・大学院

実務的知識・能力を高める教育

実務的知識・能力を高める教育

実務的知識・能力を高める教育

法律専門職となるための実務的知識・能力を高めるための授業科目が法律実務基礎科目群です。この授業科目の教育内容・方法については、実務家教員を中心として、札幌弁護士会との緊密な協議に基づきながら進められます。

司法制度概論・法情報調査
司法制度の概念、理念及び実情等についての基礎知識を授けます。また、法律実務家に求められる基本的調査能力のうち、法令、文献、判例の調査のため必要な最低限の知識と手法を教授します。

民事実務演習
要件事実論、事実認定について基礎的な理解を得ることを目的とします。

刑事実務演習
事件記録、裁判例等を素材とする教材に基づき、事件の流れに沿って、捜査から判決に至るまでの基礎的な訴訟実務を学びます。

法曹倫理
裁判官、検察官、弁護士に共通する使命、役割・倫理や、おのおの固有の使命・役割・倫理等を、具体的な事例に基づき、学生のディスカッションやディベート等を通じ理解します。

民事裁判実務
模擬の裁判記録を用いて、訴え提起から判決にいたるまでの民事訴訟手続を解説するとともに、当該事案を素材として要件事実についての講義を行います。

刑事模擬裁判
捜査、控訴提起、公判、判決と各段階ごとに模擬裁判記録を用いて検討し、各種起案後、対話方式で講評します。また、冒頭手続から判決に至るまでの一連の手続について、模擬裁判実習を行います。

弁護実務・法文書作成
実務的な法的文書のあり様を認識し、文書作成の基礎的な技能を習得します。

ロイヤリング・クリニック
ロイヤリングは、講義と演習を併合して進め、弁護士業務を進める上で必要とされる技術を学びます。クリニックは、担当教官の指導のもとで実際の法律相談の実習を行います。

エクスターンシップ
札幌弁護士会所属の法律事務所(弁護士事務所)等において、実際の弁護士相談の実習を行います。

pagetop