学部・大学院

経済政策専攻カリキュラム

経済政策専攻カリキュラム

経済政策専攻 修士課程

授業科目

開講の有無については研究科にお問い合わせください。

科目 単位 科目 単位
経済政策総論特殊講義 経済政策総論特殊講義演習1・2 各4
経済政策史特殊講義Ⅰ 経済政策史特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
経済政策史特殊講義Ⅱ 経済政策史特殊講義Ⅱ演習1・2 各4
産業政策特殊講義 産業政策特殊講義演習1・2 各4
農業政策特殊講義 農業政策特殊講義演習1・2 各4
商業政策特殊講義 商業政策特殊講義演習1・2 各4
流通経済論特殊講義 流通経済論特殊講義演習1・2 各4
中小企業政策特殊講義 中小企業政策特殊講義演習1・2 各4
金融政策特殊講義Ⅰ 金融政策特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
金融政策特殊講義Ⅱ 金融政策特殊講義演習1・2 各4
開発政策特殊講義Ⅰ 開発政策特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
開発政策特殊講義Ⅱ 開発政策特殊講義Ⅱ演習1・2 各4
環境政策特殊講義 環境政策特殊講義演習1・2 各4
環境経済論特殊講義 環境経済論特殊講義演習1・2 各4
社会政策特殊講義 社会政策特殊講義演習1・2 各4
労働政策特殊講義 労働政策特殊講義演習1・2 各4
社会保障論特殊講義 社会保障論特殊講義演習1・2 各4
労働経済論特殊講義 労働経済論特殊講義演習1・2 各4
理論経済学特殊講義Ⅰ 理論経済学特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
理論経済学特殊講義Ⅱ 理論経済学特殊講義Ⅱ演習1・2 各4
理論経済学特殊講義Ⅲ 理論経済学特殊講義Ⅲ演習1・2 各4
経済学原理特殊講義 経済学原理特殊講義演習1・2 各4
社会経済学特殊講義Ⅰ 社会経済学特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
社会経済学特殊講義Ⅱ 社会経済学特殊講義Ⅱ演習1・2 各4
経済学史特殊講義 経済学史特殊講義演習1・2 各4
社会思想史特殊講義Ⅰ 社会思想史特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
社会思想史特殊講義Ⅱ 社会思想史特殊講義Ⅱ演習1・2 各4
社会思想史特殊講義Ⅲ 社会思想史特殊講義Ⅲ演習1・2 各4
財政学特殊講義 財政学特殊講義演習1・2 各4
地方財政論特殊講義 地方財政論特殊講義演習1・2 各4
日本経済論特殊講義 日本経済論特殊講義演習1・2 各4
地域経済論特殊講義Ⅰ 地域経済論特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
地域経済論特殊講義Ⅱ 地域経済論特殊講義Ⅱ演習1・2 各4
都市政策特殊講義 都市政策特殊講義演習1・2 各4
北海道経済史特殊講義 北海道経済史特殊講義演習1・2 各4
北海道開発論特殊講義 北海道開発論特殊講義演習1・2 各4
北海道経済論特殊講義 北海道経済論特殊講義演習1・2 各4
協同組合組織論特殊講義 協同組合組織論特殊講義演習1・2 各4
国際経済論特殊講義Ⅰ 国際経済論特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
国際経済論特殊講義Ⅱ 国際経済論特殊講義Ⅱ演習1・2 各4
発展途上国論特殊講義 発展途上国論特殊講義演習1・2 各4
国際関係論特殊講義 国際関係論特殊講義演習1・2 各4
ロシア極東社会経済論特殊講義 ロシア極東社会経済論特殊講義演習1・2 各4
中国社会経済論特殊講義Ⅰ 中国社会経済論特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
中国社会経済論特殊講義Ⅱ 中国社会経済論特殊講義Ⅱ演習1・2 各4
韓国社会経済論特殊講義Ⅰ 韓国社会経済論特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
韓国社会経済論特殊講義Ⅱ 韓国社会経済論特殊講義Ⅱ演習1・2 各4
経済統計学特殊講義 経済統計学特殊講義演習1・2 各4
社会調査論特殊講義Ⅰ 社会調査論特殊講義Ⅰ演習1・2 各4
社会調査論特殊講義Ⅱ 社会調査論特殊講義Ⅱ演習1・2 各4
教育社会経済論特殊講義 教育社会経済論特殊講義演習1・2 各4
経済政策特殊講義Ⅰ~Ⅲ 各4 論文指導Ⅰ・Ⅱ 各4
寄附講座Ⅰ・Ⅱ 各2 特別講義 2~4

論文指導は修了要件に含みません

指導計画
第1年次
  1. 各自の「研究計画書」に基づき、研究指導教員を決定します。
  2. 年度初めのガイダンスを参照し、指導教授と相談の上履修科目を決定します。
  3. 第2学期11月中をめどに修士論文テーマを確定します。
  4. 確定した修士論文テーマに沿った研究指導を実施します。
第2年次
  1. 1年次の履修状況を確認し、2年次の履修指導を行ないます。
  2. 修士論文の準備状況の確認と執筆計画を具体化します。
  3. 第1学期終了時(7月予定)に修士論文中間発表会を行い、修士論文の進捗状況を確認します。
  4. 第2学期(10月、11月中)、修士論文の完成に向け、関連教員からの指導と助言を行ないます。
  5. 修士論文の提出(1月)と審査委員会の設置。合格発表(3月予定)。
  6. 修士論文報告会を実施します(3月中)。
修了要件

2年以上在学し、指導教授の担当する講義及び演習の12単位を含め、合計32単位を修得し、かつ、修士論文の試験に合格した方が修了となり、修士(経済学)の学位が授与されます。

経済政策専攻 博士(後期)課程

授業科目

開講の有無については研究科にお問い合わせください。

科目 単位 科目 単位
比較経済政策史特殊研究Ⅰ 比較経済政策史特殊研究Ⅰ演習1
比較経済政策史特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
比較経済政策史特殊研究Ⅱ 比較経済政策史特殊研究Ⅱ演習1
比較経済政策史特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
比較経済政策史特殊研究Ⅲ 比較経済政策史特殊研究Ⅲ演習1
比較経済政策史特殊研究Ⅲ演習2・3

各4
国際経済論特殊研究Ⅰ 国際経済論特殊研究Ⅰ演習1
国際経済論特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
国際経済論特殊研究Ⅱ 国際経済論特殊研究Ⅱ演習1
国際経済論特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
国際経済論特殊研究Ⅲ 国際経済論特殊研究Ⅲ演習1
国際経済論特殊研究Ⅲ演習2・3

各4
国際関係論特殊研究 国際関係論特殊研究演習1
国際関係論特殊研究演習2・3

各4
地域開発論特殊研究Ⅰ 地域開発論特殊研究Ⅰ演習1
地域開発論特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
地域開発論特殊研究Ⅱ 地域開発論特殊研究Ⅱ演習1
地域開発論特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
地域経済論特殊研究Ⅰ 地域経済論特殊研究Ⅰ演習1
地域経済論特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
地域経済論特殊研究Ⅱ 地域経済論特殊研究Ⅱ演習1
地域経済論特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
東アジア経済論特殊研究Ⅰ 東アジア経済論特殊研究Ⅰ演習1
東アジア経済論特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
東アジア経済論特殊研究Ⅱ 東アジア経済論特殊研究Ⅱ演習1
東アジア経済論特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
東アジア経済論特殊研究Ⅲ 東アジア経済論特殊研究Ⅲ演習1
東アジア経済論特殊研究Ⅲ演習2・3

各4
開発政策論特殊研究Ⅰ 開発政策論特殊研究Ⅰ演習1
開発政策論特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
開発政策論特殊研究Ⅱ 開発政策論特殊研究Ⅱ演習1
開発政策論特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
経済規制政策特殊研究Ⅰ 経済規制政策特殊研究Ⅰ演習1
経済規制政策特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
経済規制政策特殊研究Ⅱ 経済規制政策特殊研究Ⅱ演習1
経済規制政策特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
経済規制政策特殊研究Ⅲ 経済規制政策特殊研究Ⅲ演習1
経済規制政策特殊研究Ⅲ演習2・3

各4
環境政策特殊研究Ⅰ 環境政策特殊研究Ⅰ演習1
環境政策特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
環境政策特殊研究Ⅱ 環境政策特殊研究Ⅱ演習1
環境政策特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
金融政策特殊研究 金融政策特殊研究演習1
金融政策特殊研究演習2・3

各4
財政政策特殊研究 財政政策特殊研究演習1
財政政策特殊研究演習2・3

各4
農村再編政策特殊研究Ⅰ 農村再編政策特殊研究Ⅰ演習1
農村再編政策特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
農村再編政策特殊研究Ⅱ 農村再編政策特殊研究Ⅱ演習1
農村再編政策特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
協同組合組織論特殊研究 協同組合組織論特殊研究演習1
協同組合組織論特殊研究演習2・3

各4
社会政策特殊研究Ⅰ 社会政策特殊研究Ⅰ演習1
社会政策特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
社会政策特殊研究Ⅱ 社会政策特殊研究Ⅱ演習1
社会政策特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
社会政策特殊研究Ⅲ 社会政策特殊研究Ⅲ演習1
社会政策特殊研究Ⅲ演習2・3

各4
教育社会経済論特殊研究 教育社会経済論特殊研究演習1
教育社会経済論特殊研究演習2・3

各4
社会調査論特殊研究Ⅰ 社会調査論特殊研究Ⅰ演習1
社会調査論特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
理論経済学特殊研究Ⅰ 理論経済学特殊研究Ⅰ演習1
理論経済学特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
理論経済学特殊研究Ⅱ 理論経済学特殊研究Ⅱ演習1
理論経済学特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
経済学方法論特殊研究Ⅰ 経済学方法論特殊研究Ⅰ演習1
経済学方法論特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
社会経済学特殊研究 社会経済学特殊研究演習1
社会経済学特殊研究演習2・3

各4
経済学史特殊研究 経済学史特殊研究演習1
経済学史特殊研究演習2・3

各4
社会思想史特殊研究Ⅰ 社会思想史特殊研究Ⅰ演習1
社会思想史特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
社会思想史特殊研究Ⅱ 社会思想史特殊研究Ⅱ演習1
社会思想史特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
社会思想史特殊研究Ⅲ 社会思想史特殊研究Ⅲ演習1
社会思想史特殊研究Ⅲ演習2・3

各4
統計学特殊研究Ⅰ 統計学特殊研究Ⅰ演習1
統計学特殊研究Ⅰ演習2・3

各4
統計学特殊研究Ⅱ 統計学特殊研究Ⅱ演習1
統計学特殊研究Ⅱ演習2・3

各4
論文指導Ⅰ~Ⅲ 各4 特別研究

論文指導は修了要件に含みません

指導計画
第1年次
  1. 各自の「研究計画書」に基づき、研究指導教員を決定します。
  2. 研究テーマと研究計画に基づいて履修科目を決定します。
  3. 研究テーマに関する学内研究会および学会への参加と報告が可能となるよう指導します。
第2年次
  1. 研究テーマに関する研究報告とペーパーの作成を指導します。
  2. 学内研究会および学会(全国大会、部会)における報告を指導します。
第3年次
  1. 2年次までに蓄積してきた研究成果を博士論文としてまとめる計画を策定します。
  2. 各種の研究報告のほか、規定による博士論文報告会を11月5日までに開催します。
  3. 12月5日博士論文(課程)提出期限。
  4. 審査委員会設置(12月中)。合格発表(3月予定)。
修了要件

3年以上在学し、指導教授の担当する特殊研究及び演習12単位を含め、合計14単位を修得し、かつ、博士論文の試験に合格した方が修了となり、博士(経済学)の学位が授与されます。

pagetop