オープンキャンパス来場の注意点

先日のブログでは、オープンキャンパスのイベント紹介を

させていただきましたが、今回は来場に関する注意点を

いくつか提示しますので、来場する際の参考にしてください。

 

1.駐車場について

当日は駐車場はありません。お手数をおかけしますが、

近隣の有料駐車場をご利用ください。路上駐車は近隣住民の

迷惑となるばかりではなく、警察取り締まりの対象となりますので

十分ご注意ください。本学は地下鉄東豊線「学園前」駅 3番

出口直結となっておりますので、そちらをぜひご利用ください。

 

2.来場時間について

当日は12:00(正午)開場、12:30から全体説明会を開催します。

全体説明会では当日のスケジュールを細かく説明しますので、

当日の開催内容を詳しく知りたい方はぜひ全体説明会からご参加

ください。なお、既にホームページで開催プログラムを公開していま

すが、参加する催しが決まっている方はその時間に合わせてご来場

いただいても構いません。

 

3.当日予約について

どうぞ遠慮なくお越しください。事前申込制となっておりますが、

当日、急遽予定が空く方もいらっしゃると思いますので、直接

大学までお越しください。

 

4.入試要項(願書)の配付について

第1回オープンキャンパスでは、入試要項(願書)はまだ完成

していないため、お渡しできません。第2回以降のオープンキャンパス

でお渡しします。なお、2016年度入試用の過去問題集(赤本・

青本)も第2回以降のオープンキャンパスでアンケートにお答え

いただいた方にお渡ししますので、ぜひ足を運んでみてください。

 

 

連絡事項は以上です。今のところ、日曜日は何とか雨が降らない

天気予報になっております。どうぞお気をつけてご来場ください。

pagetop

第1回 オープンキャンパスNEWS!

いよいよ…

 

第1回オープンキャンパス

 

が近づいてきました!(^o^)

 

6月28日(はぜひ、本学へお越しください!

今回は、「豊平キャンパスのみ」での実施となります。

 

さて、当日のプログラムに関しましては、

来週の初めに公開する予定となっております。

 

…ですが、ここでちょっぴりイベント紹介をしたいと思います!

 

 

1、ミニイベント 開催!

 

せっかく大学に来ていただいたなら、

サークルの活動も見ていってください!

 

今回は、「フリーフォームレスジャズオーケストラ」の

生演奏が聞けますよ♪

こちらも要チェックですっ!(^_^)

 

 

 

2、在学生の話を聞こう!

 

オープンキャンパスには、「学生スタッフ」がいます!

在学生ならではの視点で、話を聞くことができますよ♪

 

教職員よりも話しやすい存在だと思うので、

色々なことを聞いて、「ガクエン」をもっと知ってくださいね!

 

 

 

3、オリジナルキャンパスグッズをもらおう!

 

「ガクエン」のロゴが入った限定品を、ぜひゲットしてください!

 

今年度も「文房具[ペン]」となりますが、

受験勉強に少しでも役立てていただければ…と考えています!

 

 

スタッフ一同、心よりお待ちしておりますっ!(^o^)

 

 

< ↓  以下のリンクより事前申込フォームへ移動できます! ↓ >

 

オープンキャンパス 事前申込ページへ

pagetop

就活の良くある質問に答えてみる 編

を前に大学生4年生の就職活動が本格化しています。本学学生も今までの経験と準備を活かして、
頑張っていることでしょう。
さて、今回は「就職活動(以下、就活)」ついて、高校生(または大学生)の皆さんから良く出る質問に
回答していきたいと思います。是非、参考にしてみてください。

 

<就活の時期はいつから、いつまで?>
準備を含めると長い学生で約2年間となります。3年生の春に準備を開始し、4年春から夏にかけていよ
いよ本番となります。内定をもらう時期にもよりますが、基本的には長期戦となります。

 

<就活に向けてなにから始めればいい?>

大学に入ってすぐに「キャリア教育科目」が受講できます。これは就活のことだけではなく、人生設計も
含めた自身の「キャリア(=経験ではなく、生涯そのものという意味)」を学び、考える講義となります。
ここからすべては始まります。その後、就職支援のガイダンスがスタートしますので、1年生の時から大
学が設定しているレールにしっかりと乗れば大丈夫です。

 

<就活ってやっぱりつらい?>
「合格通知数<不合格通知数」。このように大学生の就活は、不合格という結果が当たり前の世界と
なります。残念な通知が届くたびにつらい気持ちになることでしょう。しかし、ひとたび合格通知が届け
ば「自分がその会社に認められた」「自分の能力を必要とされている」など、今まで感じたことのない
非常に大きな喜びを得ることも確か。就活は人生において大事な決定ですから、多少の「つらさ」に
我慢は必要かもしれませんね。

 

<就職先はアルバイトでもいい?>
アルバイト(=非正規雇用)を全否定はしていません。しかし、正規雇用(正職員)との間で、非常に
大きな待遇の差(賃金・保障等)があるという事実があります。また、アルバイトでの経験は「職務上
の経験値」とみなされない場合が多く、経験を積んでステップアップ!ということが非常に難しい雇
用環境と言えます。なおかつ、大学4年生の就活が最も求人が多くチャンスの時。この情報を知っ
たうえで「アルバイト」を選ぶ学生は、ほぼ存在しないでしょう。そのため、通常は正職員(正規雇
用)を目指し就活を行います。

 

<どんな企業(官庁)がオススメ?>
就活準備開始時期に大学生からよく受ける質問。ちなみに正解は無く、担当として返答するならば
「その人が働くうえで”何を重視するか”で全然違います。ですので、あなたが重視する点 とはなに
かをまず考えてみましょうね」となります。会社が大きいか小さいか、都会なのか地方なの か、新
しいことを生み出すのか古いものを守るのか。ある人にとっては満足する環境も、自分から見れば
あまり価値が無いことが多々あります。他人ではなく自分の価値観で選ぶことが大事です。

 

オープンキャンパスでは、各学部教職員の他、就職支援担当者も参加しています。このほかに
聞いてみたいことがあれば、是非オープンキャンパスで質問してみましょう!

pagetop

~夜間部(2部)という選択肢~

「時はその使い方によって金にも鉛にもなる。」

 

これはフランスの小説家プレヴォの言葉です。

 

人によって時間の使い方はそれぞれですが,与えられた時間は同じ。
その時間をどのように使うかで,有意義な時間であったかどうかが決まるのではないでしょうか。
そう考えると,4年間を過ごす大学選びは慎重に行いたいものです。

 

ではなぜ「時間」のお話をしたかというと・・・

 

今回は本学の夜間部(2部)についてのご紹介をさせていただくためでした!


文部科学省によると、2013年度に夜間部(1部)で学ぶ学生は、全国で24,535名(国公立7,191人/私立17,344)
全大学生の0.96%となっています。(2013年度学校基本調査より)
なんとこれは,大学生の100人にひとりが夜間部(2部)で学んでいることになります。

 

そんな夜間部(2部)の特徴を少しだけご紹介です。

 

① 講義レベルは1部と同じ。もちろん4年間で卒業
② 就職支援についても1部と同じ
③ 授業料は昼間部(1部)の約半額
④ 授業時間帯は17:50~19:20,19:30~21:00

ほかにもまだまだありますが,今回はこのへんで・・・。

 

なかでも,授業料が昼間部(1部)の約半額というところは最大のメリットになるのではないでしょうか。

 

 

しかしそれだけで終わらないのが本学の2部。

 


講義レベルはもちろん,就職支援についても昼間部(1部)と同じなんです!


「夜間部は就職に不利なのでは?」という声をよく耳にしますが・・・

 

そのようなことは一切ございません!!


というのも,卒業見込み証明書や成績証明書に夜間部・昼間部が記載されるわけでもなく、むしろ昼間部に比べて社会人学生が多いので,世代を超えた交流を通して就職に必要なスキルを高める環境だといえるでしょう。

 

また,授業が夕方からという夜間部(2部)だからこそ昼間にまとまった時間が取れるので,長時間しっかりと働いたり,学外の団体などに所属して活動をするなどできることも魅力のひとつです。

 

さらに今年は「2部オープンキャンパス」も開催いたしますので,是非ご参加ください!

 

 

以上,みなさまにとって夜間部(2部)が,時間を「鉛」ではなく「金」にするひとつの選択肢になっていただけると嬉しいです。

pagetop