教育・研究

工学部教員プロフィール

工学部教員プロフィール

越前谷 博

基本情報
氏名(漢字) 越前谷 博
氏名(カナ) エチゼンヤ ヒロシ
氏名(英語) ECHIZENYA Hiroshi
所属 工学部 生命工学科
職名 教授
最終学歴 北海道大学大学院工学研究科博士後期課程退学
取得学位 工学士(北海学園大学)
修士(工学)(北海学園大学)
博士(工学)(北海道大学)
所属学会 情報処理学会
電子情報通信学会
人工知能学会
言語処理学会
Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
Association for Computational Linguistics (ACL)
アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)
日本バイオインフォマティクス学会
専門分野 情報学(自然言語処理)
研究テーマ 高度な言語処理システムに関する研究
教育活動
主要担当科目 学士課程 情報処理技術
主要担当科目 修士課程 言語情報工学特論
研究活動
研究業績
(10点以内)
学術論文 寺島 涼, 越前谷 博, 荒木 健治:対訳コーパスに基づく学習型機械翻訳における省略可能情報を用いた部分対応学習の有効性, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J93-D,No.3, pp.377-388, 2010年3月
学会発表 Atsushi Fujii, Masao Utiyama, Mikio Yamamoto, Takehito Utsuro, Terumasa Ehara, Hiroshi Echizen-ya, Sayori Shimohata: Overview of the Patent Translation Task at the NTCIR-8 Workshop, Proceedings of 8th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies: Information Retrieval, Question Answering and Cross-lingual Information Access, pp.371-376, Tokyo, Japan, 2010年6月
学会発表 Hiroshi Echizen-ya, Kenji Araki: Automatic Evaluation Method for Machine Translation using Noun-Phrase Chunking, Proceedings of the 48th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2010), pp.108-117, Uppsala, Sweden, 2010年7月
学会発表 Ryo Terashima, Hiroshi Echizen-ya, Kenji Araki: Improvement of Translation Quality by Application of Translation Rules Based on Generalization of Bilingual Sentences to Phrase-Based SMT, Proceedings of the Pacific Association For Computational Linguistics 2011 (PACLING 2011), Kuala Lumpur, Malaysia, 2011年7月
学会発表 Hiroshi Echizen'ya,Kenji Araki,Eduard Hovy:Optimization for Efficient Determination of Chunk in Automatic Evaluation for Machine Translation,Proceedings of the 1th International Workshop on Optimization Techniques for Human Language Technology (OPTHLT 2012) / COLING 2012,pp.17-30,Mumbai,India,2012年12月
学会発表 Hiroshi Echizen'ya, Kenji Araki, Eduard Hovy: Automatic Evaluation Metric for Machine Translation that is Independent of Sentence Length, Proceedings of the 9th Recent Advances in Natural Language Processing (RANLP 2013), Hissar, Bulgaria, 2013年9月
学会発表 Hiroshi Echizen'ya, Kenji Araki, Eduard Hovy:Application of Prize based on Sentence Length in Chunk-based Automatic Evaluation of Machine Translation, Proceedings of the 9th Workshop on Statistical Machine Translation (WMT 2014), Baltimore, USA, 2014年6月
学術論文 Hiroshi Echizen'ya, Kenji Araki, Yuzu Uchida, Eduard Hovy:Automatic Post-Editing Method Using Translation Knowledge Based on Intuitive Common Parts Continuum for Statistical Machine Translation, LNAI 8773, Springer, pp.129-136, 2014年10月
学会発表 越前谷博、荒木健治:機械翻訳のための自動評価における文分割を用いた大局的評価の利用、言語処理学会第22回年次大会発表論文集、pp.609-612、2016年3月
科研費等学外資金による研究 多言語を対象とした学習型機械翻訳システムの開発:平成19年度ノーステック財団「研究開発助成事業」基盤的研究開発育成事業若手研究補助金(2007年4月−2008年3月)
フレーズに基づく翻訳自動評価に関する研究:財団法人柏森情報科学振興財団第13回(平成20年度)助成事業(2009年1月−2011年3月)
学術賞受賞歴 平成6年度情報処理学会北海道支部奨励賞
社会活動
公的社会活動 AAMT/Japio特許翻訳研究会委員(2008年4月−現在)

pagetop