教育・研究

工学部教員プロフィール

工学部教員プロフィール

足立 裕介

基本情報
氏名(漢字) 足立 裕介
氏名(カナ) アダチ ユウスケ
氏名(英語) ADACHI Yusuke
所属 工学部 建築学科
職名 教授
最終学歴 2006年3月 北海道大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻 博士後期課程 単位取得満期退学
取得学位 工学修士(北海道大学)
博士(工学)(北海道大学)
所属学会 日本建築学会
日本コンクリート工学会
土木学会
専門分野 建築材料学、コンクリート工学
研究テーマ 建築材料の劣化診断、耐久性、補修方法に関する研究
教育活動
主要担当科目 学士課程 建築材料
主要担当科目 修士課程 建築生産工学特論
研究活動
研究業績
(10点以内)
学術論文 「鉄筋腐食およびASRによる内部劣化現象の電磁波レーダ法による調査」(日本建築学会大会学術講演梗概集2015(材料施工)、379~380頁、2015年
学術論文 「築後43年が経過した鉄筋コンクリート造建築物の外観および中性化と鉄筋腐食の関係」(日本建築学会北海道支部研究報告集第87巻)、39〜42頁、2014年
学術論文 「強制乾燥による長期材齢コンクリートの乾燥収縮率の評価方法の検討」(千歩修、長谷川拓哉との共著)(コンクリート工学年次論文集第28巻第1号)、503〜508頁、2006年
学術論文 「質量変化率-乾燥収縮率関係を利用したコンクリートの乾燥収縮率推定方法の提案」(千歩修、長谷川拓哉との共著)(日本建築学会技術報告集第24号)、5〜10頁、2006年
学術論文 「コンクリートの材料・調合が乾燥時の収縮-質量減少の関係におよぼす影響」(千歩修、長谷川拓哉との共著)(日本建築学会北海道支部研究報告集第79巻)、403〜406頁、2006年
学術論文 「コンクリート乾燥収縮率の推定方法に関する研究」(千歩修、友澤史紀との共著)(日本建築学会北海道支部研究報告集第78巻)、361〜364頁、2005年
学術論文 「各種の粗骨材を用いたコンクリートにおける乾燥収縮低減剤の効果」(千歩修、都築正則、友澤史紀との共著)(日本建築学会北海道支部研究報告集第75巻)、5〜8頁、2002年
社会活動
公的社会活動 日本建築学会北海道支部 材料施工専門委員会 委員(2013.4~)
日本コンクリート工学会北海道支部 積雪寒冷地の既存コンクリート構造物に適用する非破壊・微破壊試験方法研究委員会 委員(2013.9~2015.3)
日本コンクリート工学会 コンクリート診断士研修委員会 通信委員(2013.12~2015.11)
日本コンクリート工学会 コンクリート診断士研修委員会 委員(2015.12~)
北海道建築技術協会 外断熱耐久性調査委員会 委員長(2016.5~)
北海道建築技術協会 建築診断研究会運営委員会 委員(2016.12~)

pagetop