教育・研究

経営学部教員プロフィール

経営学部教員プロフィール

庄司 樹古

基本情報
氏名(漢字) 庄司 樹古
氏名(カナ) ショウジ タツヒサ
氏名(英語) SHOJI Tatsuhisa
所属 経営学部 経営学科
職名 教授
最終学歴 広島修道大学大学院商学研究科 博士後期課程(単位取得退学)
取得学位 修士(経営学)(広島修道大学)
学士(商学)(広島修道大学)
所属学会 日本会計研究学会
国際会計研究学会
日本会計史学会
日本簿記学会
日本経営学会
専門分野 会計学
研究テーマ 会計基準の基礎概念に関する研究、会計教育に関する実証研究
教育活動
主要担当科目 学士課程 簿記Ⅰ・Ⅱ、商業簿記、株式会社会計
主要担当科目 修士課程 会計学特殊講義
研究活動
研究業績
(10点以内)
著書 『近代会計の思潮』(共著)同文舘 2002年
著書 『国際会計の諸問題』(共著)同文舘 2005年
著書 『パワーアップ簿記 とことん「仕訳」』(共著)同文舘 2007年
著書 『入門簿記第3版』(共著)同文館 2008年
学術論文 「会計フレームラークの形成プロセスに関する一考察―利益観に関する検証を中心として―」『経営論集』(本学経営学部)第4巻第1号 2006年
学術論文 「金融商品の公正価値測定―JWGドラフト基準を中心として―」『経営論集』(本学経営学部)第4巻第4号 2007年
学術論文 「会計測定のハイブリッド化の整合性―利益観観点から―」『商経論叢』(近畿大学商経学会) 2008年
学術論文 「会計概念フレームワークにおける資産負債アプローチ」『経営論集』(本学経営学部)第8巻第2号 2010年
学術論文 「概念フレームワークについて」『経営論集』(本学経営学部)第11巻第4号 2014年
社会活動

pagetop