教育・研究

2010~2016年開発論集

2010~2016年開発論集

2010〜2016年開発論集(第85号-第98号)総索引

第98号 2016(平成28)年9月
<総合研究>
観光者の景観と居住者の景観 水野 邦彦 1
<論説>
ドイツの労働組合と原発 本田 宏 11
社会保障と税の一体改革における「社会保障の充実」策の検証 横山 純一 35
開発研究所特別講義『北海道を考える』(二)
――「北海道ゆかりの企業―― 北海道炭礦汽船株式会社の百年史を中心に」――
大場 四千男 65
東日本大震災復興と公的職業訓練⑴ 木村 保茂 103
韓国における韓紙産業振興のイノベーション・システム・モデル
―― 江原道原州市の事例から――
福沢 康弘 143
<研究ノート>
津和野(島根県)からやってきて札幌を築いた先人とされる人たち
―― 高岡直吉・熊雄兄弟のこと――
黒田 重雄 161
<資料>
北海道女性の戦後70年 伝える・生きる
――戦後を生きた女性たちからわたしたちが今受け継ぐもの――
女性プラザ祭 2015 トークセッション報告
中囿 桐代・林 恒子・工藤 遥 179
第97号 2016(平成28)年3月
<総合研究>
自己組織化としての認知発達
―― 発達的変化の連続性と不連続性を超えて――
小島 康次 1
市民政府信託理論―代表民主制の理論 森 啓 25
函館西部地区教会群におけるもう一つの観光資源
―― 西洋美術とイコンをめぐって――
桑原 俊一 45
<論説>
フィンランドにおける2016年度国庫支出金の動向とSOTE改革 横山 純一 69
新規株式公開企業の株式所有構造と業績パフォーマンスの関係
―― 支配株主概念を用いて――
赤石 篤紀 91
どのような議員がアンケートに回答しないのか
―― 札幌市議会議員の学術調査票回答有無の分析
中條 美和 103
開発研究所特別講義『北海道を考える』(一)
――「北海道ゆかりの企業――北海道炭礦汽船株式会社の百年史を中心に」――
大場 四千男 109
第96号 2015(平成27)年9月
<総合研究>
北海道における中小企業家同友会の教育(4) 竹田 正直 1
「卒業生」からみた公共職業訓練と中小企業の教育訓練
――札幌学院修了生調査と企業調査より ――
木村 保茂 17
持続可能で包括的な社会への地域社会教育実践
――「北海道社会教育フォーラム2014」が提起するもの ――
鈴木 敏正 57
<論説>
北海道農業による外国人技能実習生の受入実態と課題 宮入 隆 89
フィンランドにおける2010年の国庫支出金改革とその後の国庫支出金の動向(2010-2015)
――2015年の水平的財政調整の改定を中心に ――
横山 純一 121
戦間期石炭鉱業に於ける寡占構造の形成と資本蓄積(三) 大場 四千男・児玉 清臣 147
<研究ノート>
北海道経済活性化の要諦
――北欧諸国の輸出依存度の高さからも学ぶ ――
黒田 重雄 197
<資料>
『女性が輝く社会とは――北海道から考える』
北海道立女性プラザ祭2014 トークセッション報告
中囿 桐代・松井 理恵・妙木 忍 217
第95号 2015(平成27)年3月
<総合研究>
地域社会から求められる社会教育主事要請(その2)
~北海道内市町村教育委員会へのアンケート調査をもとに~
内田 和浩 1
アカデミック・コーチングが教育イノベーションを実現する可能性
――オランダのコーチング主体型教育から考える――
菅原 秀幸・石川 尚子 13
<論説>
市町村国保財政の現状と国保の都道府県移管の課題 横山 純一 29
北海道における再生可能エネルギー開発の現状とその課題(1) 小田 清 59
エネルギー供給システムの諸問題
――電力システム改革を中心に――
小坂 直人 71
風力発電事業に関する環境保全上の諸問題 佐藤 謙 89
飯田市における地域主導・市民協働型再生可能エネルギー事業の展開(現地調査報告) 浅妻 裕 133
戦後期石炭鉱業に於ける募占構造の形成と資本蓄積(二) 大場 四千男・児玉 清臣 157
<研究ノート>
官製ワーキングプア問題(Ⅳ)
――地方自治体で働く非正規公務員の雇用、労働(Ⅱ)――
川村 雅則 201
第94号 2014(平成26)年9月
<総合研究>
大学教育のゆくえ
――ある講義の記録――
佐藤 克廣 1
北海道における中小企業家同友会の教育(3) 竹田 正直 19
大学の地域社会貢献とESD/ESIC
――ポスト・グローバリゼーション時代の高等教育のために――
鈴木 敏正 33
<論説>
2015年度介護保険制度の改正と第6期介護保険の課題
――地域包括ケア,給付の抑制,利用者負担引き上げ,
保険料問題,補足給付の見直しを中心に――
横山 純一 77
加工専門農協の存立構造
――上北農産加工協業協同組合(青森県)を事例に――
宮入 隆 107
東京圏の公共職業訓練(3)
――東京圏と北海道の比較――
木村 保茂 127
戦間期石炭鉱業に於ける募占構造の形成と資本蓄積(一)
―組織的知識創造理論(SECIモデル)を手がかりとして―
大場四千男・児玉 清臣 153
<研究ノート>
官製ワーキングプア問題(Ⅲ)
――総務省「臨時・非常勤職員に関する調査」の北海道データの集計結果(Ⅱ)
川村 雅則 197
第93号 2014(平成26)年3月
<総合研究>
地域社会から求められる社会教育主事養成(その1)
~北海道内市町村教育委員会へのアンケート調査をもとに~
内田 和浩 1
IR(機関調査)と学修時間
―社会のグローバル化のなかで―
桑原 俊一 25
<論説>
奥尻町における北海道南西沖地震からの復旧・復興と財政
―東日本大震災からの復興に奥尻町の教訓は活かせるのか―
横山 純一 49
TPPは,「平成の開国」か?
―賛成派と反対派の誤解―
宮島 良明 75
地域担当職員制度の制度設計
―課題の整理と展望―
稲垣 浩 89
問題基盤型学習(PBL)によって生成される学びの包括的モデルの構築
―組織的知識創造理論(SECIモデル)を手がかりとして―
高橋 悟・石井 晴子 107
自治体学とはどのような学か 森  啓 117
北海道の社会経済を支える人材育成に向けた北海学園大学の役割
―本学出身道内社長へのアンケート調査からの接近―
孔  麗 145
<研究ノート>
官製ワーキングプア問題(Ⅲ)
~総務省「臨時・非常勤職員に関する調査」の北海道データの集計結果(Ⅰ)
川村 雅則 167
ベトナム農業における構造政策と農地制度
―南北での展開課程と農業構造の違い―
北倉 公彦 215
第92号 2013(平成25)年9月
<総合研究>
アカデミック・コーチングによる大学教育変革の試み
― ティーチング主体型講義からコーチング主体型講義への進化―
菅原 秀幸 1
<論説>
災害復興と地域経済
―北海道奥尻町の事例を通してその意味を問う―
松田 光一 15
北海道財政の現状と課題
―地域振興と北海道財政―
横山 純一 37
市民参加と取引費用アプローチ
―ニューヨーク市コミュニティ・ボードの比較政治―
木寺 元 63
東京圏の公共職業訓練(2) 木村 保茂 85
北海道経済活性化への序章
―小口輸出のはじまり―
黒田 重雄 119
北海道における中小企業家同友会の教育(2) 竹田 正直 141
<研究ノート>
官製ワーキングプア問題(Ⅰ)
~地方自治体で働く非正規公務員の雇用、労働~
川村 雅則 161
第91号 2013(平成25)年3月
<総合研究>
教学IR(機関調査)について
-米国におけるIR実践を視点に-
桑原 俊一 1
<論説>
フィンランドの財政再建と経済・財政(1990-2011)
― フィンランドにおける財政支出削減と税制改革,経済の変化と地域格差の拡大を中心に―
横山 純一 23
産業空洞化をめぐる新研究課題
― 地域経済空洞化という視点から―
越後 修 61
授業の受益者は誰か
―日本の高等教育に求められる授業観の転換―
高橋 悟・石井 晴子 85
東京圏の公共職業訓練(1)
―東京圏と北海道の比較―
木村 保茂 95
「持続可能な開発のための教育(ESD)」の教育学的再検討
―開発教育と環境教育の理論的・実践的統一のために―
鈴木 敏正 127
<研究ノート>
「縮小社会」における地域社会の持続可能な発展に関する一考察(その3)
〜「北海道公民館史」を手がかりに〜
内田 和浩 155
ロシアの地名について(2)
―ヴラヂーミル州の河川の名の起源―
寺田 吉孝 179
<資料>
大場四千男編著「北海道炭鉱汽船(株)真谷地炭鉱に於ける科学的管理法の
形成と軌跡」北海道炭鉱汽船(株)百年史編纂(八)
大場 四千男 187
第90号 2012(平成24)年9月
<論説>
市民行政の可能性  森   啓 1
北海道における中小企業家同友会の教育 竹田 正直 21
国際開発援助の反省的見直しと開発教育の課題
-貧困・社会的排除問題と地球的環境問題の同時的解決のために-
鈴木 敏正 41
自動車中古部品産業の地域的集積に関する考察
-シャルジャ首長国を事例として-  
浅妻 裕・岡本 勝規 69
北海道稲作の現段階
―北海道米の技術開発・ゆめぴりかへの道(5)― 
太田原 高昭 85
<研究ノート>
バス運転者の労働と健康
-勤務中に亡くなった乗合バス運転者の労災認定をめぐって- 
川村 雅則 97
札幌市域の開拓に貢献した企業家に関する覚え書き
-札幌市厚別区は8名の企業家たちの開墾によって始まった-
黒田 重雄 115
<資料>
大場四千男編著「北海道炭鉱汽船(株)真谷地炭鉱に於ける
科学的管理法の形成と軌跡」北海道炭鉱汽船㈱百年史編纂(六)
大場 四千男 141
大場四千男編著「北海道炭鉱汽船(株)真谷地炭鉱に於ける
科学的管理法の形成と軌跡」北海道炭鉱汽船㈱百年史編纂(七)
大場 四千男 187
第89号 2012(平成24)年3月
<総合研究>
夕張市の自治体経営効率と住民サービスの変化 鈴木 聡士 1
北海道内の小都市における地域発展計画の分析(3)
―石狩市を事例として―
竹田 正直 11
<論説>
福島第一原発事故と日本のエネルギー政策の論点
―電気事業における原子力発電の位置づけをめぐって―
小坂 直人  35
「限界集落」論と北海道の農村社会 佐藤 信 65
国際化農政期の北海道稲作
―北海道米の技術開発・ゆめぴりかへの道(4) ―
太田原 高昭 77
「学院統廃合」反対運動と民間教育訓練機関の活用
― 北海道の公共職業訓練を中心に―
木村 保茂 87
<研究ノート>
「縮小社会」における地域社会の持続可能な発展に関する一考察(その2)
〜「北海道公民館史」を手がかりに〜
内田 和浩 115
<資料>
加藤幸信「北炭真谷地炭鉱の友子制度と軌跡」
北海道炭鉱汽船(株)百年史編纂(五)
大場 四千男 141
第88号 2011(平成23)年9月
<総合研究>
市民政治の可能性  森 啓 1
第3セクターのマネジメントに関するサーベイ型研究 菅原 浩信 17
わが国の公共職業訓練の新たな展開
―基金訓練,ジョブ・カード制度,「義務付け・枠付け」の見直し―
木村 保茂 39
<論説>
外国人技能実習における効果的技能実習方式の提案
―北海道農業の実態に即して―
北倉 公彦
孔 麗
白崎 弘泰
77
総合農政下の北海道稲作
―北海道米の技術開発・ゆめぴりかへの道(3)―
太田原 高昭 113
札幌の偉人・上島 正に関する一考察
―なぜ,上諏訪(長野県)の武家の嫡男が札幌を開拓する企業家となったのか―
黒田 重雄 125
<資料>
笠島一「北炭労働運動百年史の栄光と悲惨」
北海道炭鉱汽船㈱百年史編纂(三)
大場 四千男 167
笠島一「北炭労働運動百年史の栄光と悲惨」
北海道炭鉱汽船㈱百年史編纂(四)
大場 四千男 221
第87号 2011(平成23)年3月
<総合研究>
「分権型社会における地域自立のための政策に関する総合研究」(Ⅳ)
自治体議会の改革と自治基本条例 森 啓 1
中核企業の国際事業展開に引導される地域産業政策 ―内発的発展過程論― 越後 修 9
北海道内の小都市における地域発展計画の分析(2)―石狩市を事例として― 竹田 正直 79
<論説>
フィンランドにおける2010年の国庫支出金改革と自治体財政の状況 横山 純一 95
北海道における貨物の移出入と鉄道貨物輸送に関する考察 上浦 正樹 121
東方政教の典礼とイコン―日本正教会の源流― 桑原 俊一 129
農基法農政期の北海道稲作―北海道米の技術開発・ゆめぴりかへの道(2)― 太田原 高昭 151
日本を起点とする中古車再輸出システムに関する実態調査 福田 友子
浅妻 裕
163
<研究ノート>
「縮小社会」における地域社会の持続可能な発展に関する一考察(その1)
〜「北海道公民館史」を手がかりに〜
内田 和浩 199
<資料>
北野潔「北海道炭鉱汽船(株)夕張鉱業所の発達と夕張新鉱ガス爆発」
北海道炭鉱汽船(株)百年史編纂(一)
大場 四千男 227
吉田文男「北海道炭鉱汽船(株)の技術係員と経営構造」
北海道炭鉱汽船(株)百年史編纂(二)
大場 四千男 273
第86号 2010(平成22)年9月
<総合研究>
「分権型社会における地域自立のための政策に関する総合研究」(Ⅲ)
地方行財政規律システムと区域政策
―市町村合併政策にみる自治制度官庁と「総合化」―
木寺 元 1
北海道内の小都市における地域発展計画の分析
―石狩市を事例として―
竹田 正直 33
北海道と北陸地方との比較―資料から見た北陸から学ぶもの― 黒田 重雄 55
<論説>
北海道余市町における果樹栽培の現状と地域特性 寺田 稔 77
農業基本法制定前夜の北海道稲作
―道産米の技術開発・「ゆめぴりか」への道①―
太田原 高昭 87
北海道における商の不活発化に関する一考察 黒田 重雄 97
第85号 2010(平成22)年3月
<総合研究>
「分権型社会における地域自立のための政策に関する総合研究」(Ⅱ)
道州制特別区域法制定後の道州制特別区域 佐藤 克廣 1
自治的道州制構想の新たな動向と民主党主導政権下での可能性 山本 佐門 15
Japanese Business in the BOP Market:Sources,High Potential and Some Issues 菅原 秀幸 25
公共職業訓練の今日的特徴と課題―― 北海道を中心に―― 木村 保茂 47
地方分権の進展と乗合バス事業のあり方に関する予備的考察 浅妻 裕 83
<論説>
フィンランドにおける高齢者福祉の変化(1990-2006)
―― 1990年代前半の不況以後の高齢者介護サービスと福祉民営化,地域格差問題を中心に
横山 純一 115
企業誘致型地域経済振興策の勘所―― 九州・東北地方における自動車産業育成策の課題―― 越後 修 143
日本正教会と北海道―― 前史から函館のニコライへ―― 桑原 俊一 197
第3セクター鉄道のマネジメントに関する事例研究 菅原 浩信 213

pagetop