教育・研究

教職課程

教職課程

小学校や中学校、高等学校などの教員を志望する人は、大学で所定の単位を修得し、教育職員免許状を取得することが義務づけられています。
教職課程は、教育職員免許状を取得するためのコースです。

本学の教職課程を修了し、教師として教育界で活躍されている先輩の数は1,000名以上になります。北海道内ではほとんどの学校で、本学出身の優れた先輩教師に出会うことができます。

取得可能な教育職員免許状の種類と教科

学部 学科 中学校教諭
一種免許状
高等学校教諭
一種免許状
経済学部1・2部 経済学科 社会 地理歴史・公民・商業
地域経済学科 社会 地理歴史・公民
経営学部1部 経営学科 社会 公民・商業
経営情報学科 商業・情報
経営学部2部 経営学科 社会 商業・情報
法学部1・2部 法律学科 社会 地理歴史・公民
政治学科 社会 地理歴史・公民
人文学部1・2部 日本文化学科 国語 国語・地理歴史
英米文化学科 英語 英語・地理歴史
工学部 社会環境工学科 数学 数学・工業
建築学科 数学 数学・工業
電子情報工学科 数学 数学・情報
生命工学科 理科 理科

研究科 専攻 中学校教諭
専修免許状
高等学校教諭
専修免許状
経済学研究科 経済政策専攻 社会 地理歴史・公民・商業
経営学研究科 経営学専攻 商業
法学研究科 法律学専攻 社会 公民
政治学専攻 社会 公民
文学研究科 日本文化専攻 国語 国語・地理歴史
英米文化専攻 英語 英語・地理歴史
工学研究科 建設工学専攻 工業

教職課程カリキュラム

教育職員免許状を取得するための資格

中学校教諭一種免許状・高等学校一種免許状

  • 学士の学位を有すること
  • 教科に関する科目20単位以上を修得すること
  • 教職に関する科目と教科又は教職に関する科目のうち教職に関する科目に準ずる科目から39単位以上を修得すること

中学校教諭専修免許状・高等学校専修免許状

  • 修士の学位を有すること
  • 基礎となる同じ教科の一種免許状取得の所要資格を有していること
  • 教科に関する科目24単位以上を修得すること

一種免許状、専修免許状共通

  • 教育職員免許法施行規則第66条の6に定める、日本国憲法、体育、外国語コミュニケーション、情報機器の操作について各2単位以上を修得すること

教科に関する科目、教職に関する科目、教育職員免許法施行規則第66条の6に定める科目について、履修すべき科目・単位数は、学部・学科、取得免許教科によって異なります。

カリキュラムに関する詳細は『教職課程履修の手引』をご覧ください。

教職課程インターンシップ

教職課程の正規カリキュラムとは別に、北海学園札幌高等学校との連携により、教職課程受講者が高校生への指導を体験する機会として教職課程インターンシップを実施しています。

インターンシップの内容は、高校の夏休み・冬休みに行なわれる学力補充講習でのチューター、及びサマーキャンプの補助で、これらの活動経験を通して、教員としての実践的指導力を身につけることを目的としています。

【期間・内容】
■サマーキャンプ補助(5月中旬)
キャンプのプログラム(外国人との交流を含む)の補助及び生徒指導

■学力補充講習チューター(7月下旬・12月下旬)
英語、数学、国語、地理歴史の各教科での学力補充講習
教科ごとによる少人数指導(教科担当教諭がアドバイザーとして配置されます)

小・中学校における学生ボランティア

本学教職課程では、札幌市教育委員会と協定を結び、市内の小学校・中学校でボランティア活動を行っています。

学生が学校現場で多くの経験をすることが、教職への動機づけの強化、ボランティア意識の形成と高揚に役立つことであり、教育活動支援につながる貴重な体験となります。

【主な内容】
■小学校
運動会の補助、スキー授業や水泳授業での能力別・グループ別の指導補助、国語・算数など教科についての指導補助、特別支援を要する児童に対する補助、総合学習における英語やパソコン学習の補助

■中学校
部活動の指導補助、特別支援を要する生徒に対する個別指導の補助、学級担任・スクールカウンセラーと連携しながら生徒の学習支援や相談活動に加わる活動

履修カルテ

受講者の学びの状況を定期的に把握するとともに、学生一人ひとりが自らの学びについて記録することを通して、学習内容の確認とその時々の課題を明らかにすることを目的として履修カルテを導入しています。

教職課程受講に関する注意事項

手続きと受講料

教職課程を受講するためには、受講申請と課程受講料が必要となります。
受講料は教職課程を受講開始した年度に納入していただきます。
受講料はこちらをご覧ください。

短期大学から3年次編入学した学生の一種免許状取得

3年次編入学の学生も一種免許状を取得することは可能です。
2年間で教職課程のすべての単位を取得することは大変ですが、これまでにも2年間の在学中に免許状を取得した卒業生はたくさんいます。

また、在学中にすべての単位を取得することができなくても、卒業後に科目等履修生として残りの科目の単位を取得することも可能です。

短期大学在籍時に取得した特定の科目の単位が本学教職課程の取得単位として認められる場合もあります。 詳細は教務センター事務室にお問い合わせください。

社会人の教育職員免許状取得

本学に入学し、学部生として教職課程を受講することはもちろん、既に大学を卒業された方の場合、科目等履修生として教育職員免許状の取得に必要な科目のみを履修し、免許状取得を目指すことも可能です。

教員就職者数(本学関係分、過去5年間)

本学教職課程履修者の過去5年間の教員就職者数は以下のとおりです(自己申告に基づく)。

※卒業生含む

2016(H28)年度 正規採用 18名(中学社会3名、高校地理歴史 1名、高校公民 1名、高校商業 2名、中学国語 1名、高校国語 3名、中学英語 2名、中学数学 1名、特別支援 4名)
臨時採用 70名
2015(H27)年度 正規採用 14名(中学社会1名、高校地理歴史 1名、高校公民 1名、高校商業 1名、中学国語 1名、中学英語 2名、高校英語 2名、中学数学 1名、高校数学 2名、高校理科 1名、その他 1名)
臨時採用 57名
2014(H26)年度 正規採用 6名(中学英語 2名、高校英語 1名、その他 2名)
臨時採用 46名
2013(H25)年度 正規採用 31名(中学社会 5名、高校地理歴史 2名、高校商業 1名、中学国語 2名、高校国語 3名、中学英語 4名、高校英語 4名、中学数学 2名、高校数学 1名、特別支援 3名、その他 4名)
臨時採用 52名
2012(H24)年度 正規採用 10名(中学社会 1名、中学国語 1名、高校国語 3名、中学英語 2名、高校数学 1名、特別支援 2名)

教職課程専任教員紹介

本学教職課程専任教員は7名です。教職課程専任教員は、教職課程履修者への指導・サポート、各種実習での事前・事後指導、及びその他教職課程運営に係る業務を担当しています。

氏名 主な担当科目 専門分野
浅村 亮彦 教育心理学I・II 教育心理学
五十嵐 素子 教職入門、教育社会学 教育社会学
伊藤 茂樹 数学科教育法I・II 数学科・工業科教育
大内 修吾 公民科教育法I・II 公民科教育
荻原 克男 教育学概論、教育行政学 教育学
後藤 聡 教育方法論、学校教育心理学 教育方法学
谷川 信幸 地歴科教育法I・II 地理歴史科教育
板東 眞一 英語科教育法I・II 英語科教育

(五十音順)

教員免許更新制について

平成19年6月の改正教育職員免許法の成立により、平成21年4月1日から教員免許更新制が導入されました。

この制度により、平成21年4月1日以降に授与された教員免許(新免許状)には、10年間の有効期限が付され、その有効期間を更新するためには、有効期間内の2年間で30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要となります。平成21年3月以前に授与された教員免許(旧免許状)については、有効期限は付されませんが、生年月日を基準とした有効期限内(10年間)に、新免許状と同様、2年間で30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要となります。

この制度は、教員がその時々で求められる必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すためのものです。

なお、免許状更新講習を受講せずに免許を更新できる免除対象となる場合もあります。詳細は教職課程履修の手引を参照してください。

教職指導室について

本学教職課程には教職指導室が設置されています。

教職指導室には、教職課程専任教員が常駐しており(伊藤、大内、谷川、板東)、教職課程履修者の各種相談及び指導を行っています。教職経験の豊富なスタッフによる指導、教員採用試験に関する豊富な資料・情報により、きめ細やかな進路指導を行っています。

教職指導室 豊平キャンパス2号棟2階
施設位置は豊平キャンパスページをご覧ください。

pagetop