教育・研究

学芸員課程

学芸員課程

学芸員は、博物館や美術館、動物園、水族館、文化財センター、科学センター、天文台、教育委員会などの社会教育機関において、資料の収集・保管、調査研究や普及活動など、専門的事項を担当する専門職員です。博物館を例にとると、展示物は動植物資料、化石・鉱物資料、考古資料、民俗資料、文書・絵画資料など多岐にわたっています。

学芸員とは登録博物館または博物館相当施設に採用され、学芸員の発令を受けた者のことを指しますが、博物館に勤務していなくても市町村で文化財保護主事の発令を受け文化財行政の一翼を担うなど、単位修得者の活躍の場は次第に広がっています。

学芸員に要求されるのは、ある種の分野において専門的業績をあげるだけの能力をもち、かつ他の分野においても収集・保管・展示・普及などについて広い知識をもっていることです。したがって、さまざまな教育普及活動を行う以外にも、高度な専門的能力が要求されます。

資格取得には卒業に必要な単位を修得し、同時に学芸員課程において所定の単位を修得すると、「学芸員課程修了証書」が交付され国家試験を免除され、卒業と同時に学芸員となる資格を取得できます。

また個々人の専門知識や実務経験を充実させるために、休日などを利用して道内の博物館等施設での実習を実施しています。


取得できる資格とその所要条件

取得可能な学部学科 取得できる資格
経済学部1部 経済学科・地域経済学科 学芸員となる資格
経営学部1部 経営学科・経営情報学科
法学部1部 法律学科・政治学科
人文学部1部 日本文化学科・英米文化学科
工学部 社会環境工学科・建築学科・電子情報工学科・生命工学科
基礎資格 学士の学位を有すること
修得単位数 所定の19単位以上


受講料

学芸員課程の受講料につきましては、授業料等納入金のページをご覧ください。

学芸員課程学事報告書

学芸員課程学事報告書につきましては、人文学部Webサイトをご覧ください。

pagetop