大学案内

学長メッセージ

学長メッセージ

北海学園大学は地下鉄直結の大学として有名ですが、「学園前」駅の階段の頭上には、「北海学園」の文字の両横に人の手と地球の絵が描かれ、その上段には“Catch The World, Catch The Future”と大きく記されています。これはグローバル化の時代に相応しいキャッチワードであり、本学の第二のスクール・モットーとも呼べるものです。

北海学園大学は「開拓者精神」を建学の精神として掲げていますが、それは母体の学校法人「北海学園」が、1885(明治18)年、北海道開拓のための人材育成を目的として設立された「北海英語学校」にまで遡るからです。この「開拓者精神」は合衆国の西部開拓を支えた「フロンティア・スピリット」とも似かよっています。ちなみに、ロナルド・E・オズボーンによれば、「フロンティア・スピリット」は「独立独行」「平等主義」「直接行動」「地方主義」「じっとしておれないこと」「伝統との断絶」「将来への信仰」によって特徴づけられます。

本学の歴代の学長は、しばしば「開拓者精神」を二つの「じりつ」、すなわち「自立」と「自律」という言葉で言い表わしてきました。「自立」と「自律」は上記の「独立独行」(self-reliance)に包摂されますが、第二のスクール・モットーたる“Catch The World, Catch The Future”は、「将来への信仰」(faith in the future)に対応しています。「世界」も「将来」も学生時代には未だ手の届かないものでしょう。しかしそれをつかむために現在(いま)を頑張れというのです。大学の四年間はまさに将来のための土台作りの期間なのです。

そもそも「大学」は、高校までの「学校」とは本質的に異なります。学校では出来上がった知識の学習と伝授を主眼としますが、大学では未だ解決されていない問題を対象として研究に励みます。大学のカリキュラムには、高校までにはない「演習」なるものがあります。これは「ゼミナール」(seminar)とも呼ばれますが、その語源はラテン語のseminariumです。この語は「種子」「苗」を意味するsemenの派生語で、そのもとの意味は「苗床」です。この言葉にいみじくも暗示されているように、大学の授業では(とりわけ演習では)、感受性豊かな学生の心に真理の種を蒔き、あるいは知識の苗を植え付けて、やがて学生が自分で考え、自分の力で問題解決できるように指導します。

このように、自立的思考の涵養は大学教育の中心課題ですが、グローバル化の時代には、とりわけ「地球規模で考える」こと、つまりグローバルな思考の訓練が必須です。将来の日本を担う有為な人材となることを目指す人は、「世界をつかめ、将来をつかめ」というキャッチワードを掲げる本学で、大いに自己を錬磨して欲しいと願っています。

pagetop