大学案内

入学者受入方針/法学部

入学者受入方針/法学部

アドミッション・ポリシー

人々の価値観は非常に多様であるため、社会における様々な場面において意見の対立が生じます。法学部では、建学の精神に則り、社会における様々な問題に対してより良い解決策を考案し、組織を先導していくリーダーとしての役割を担えるような人材の育成を目指しています。

以下で示されている各学科が求める人材については1部・2部に共通していますが、2部では、勉学意欲はあるが経済事情の厳しい人、昼間に仕事を持ちながらも勉学意欲旺盛な人、社会生活の途上にあってもさらなる自己の陶冶を目的とする人、第一線を退いてからの生涯学習・リカレント教育を希望する人、なども求めています。

高校では、基本とされる教科をしっかりと勉強することが極めて大切であります。国語と地理歴史・公民は、法的素養・政治学的素養を身につけるために特に重要であることから、一般入試における1部・2部共通の試験科目に設定されています。
なお、2部では、一般入試によらない課題小論文入試、社会人のための面接方式または小論文方式の特別入試制度が設けられています。

法律学科

人々の意見の対立は究極的には裁判所で解決されますが、法律学科の学生は、裁判所で争われた様々な事例の検討を通じて、バランスのとれた問題解決能力を身につけていきます。そのためには法的素養を備える必要がありますが、この素養を備えた人材を育成するために、以下のような人を求めます。

  • 法に関して幅広い好奇心を有している人。
  • 法に関する知識の修得に真摯に取り組める人。
  • 正義・公平の理念に基づき、物事を論理的に考えることができる人。
  • 他人の意見に関心を持ち、それを理解しようと努めることができる人。
  • 社会の諸問題につき、具体的な解決策を提示していく意欲がある人。


政治学科

政治学とは、望ましいルールとは何か、ルールはどのように決めるべきかなどを様々な角度から追究していく学問である。政治学科の学生は、様々な領域における政治的諸問題の本質がどこにあるのかを見極め、より多くの人が納得できる解決策を提案できる能力を身につけていきます。そのためには政治学的素養を備える必要がありますが、この素養を備えた人材を育成するために、以下のような人を求めます。

  • 政治に関して幅広い好奇心を有している人。
  • 政治に関する知識の修得に真摯に取り組める人。
  • 正義・公平の理念に基づき、物事を論理的に考えることができる人。
  • 他人の意見に関心を持ち、それを理解しようと努めることができる人。
  • 社会の諸問題につき、具体的な解決策を提示していく意欲がある人。


pagetop