大学案内

入学者受入方針/経営学部

入学者受入方針/経営学部

アドミッション・ポリシー

1部

経営学部は、建学の精神に基づいて、「組織を中心とした経営学教育」、「実践志向の経営学教育」、「グローバルな視点に立つ経営学教育」、「情報分析を重視した経営学教育」、「人間行動を重視した経営学教育」を教育理念とし、この五つの教育理念のもと、経営分野の専門知識とそれを活かす実践力をあわせもち、組織や社会の発展に貢献しうるマネジメント能力に優れた人材を育成します。

このために、それぞれの学科で以下のような人を幅広く受入れます。

経営学科
  • 高校までの基礎学力を十分に有し、かつ自らの将来の夢と目標をしっかり持っている人。
  • 総合的な知識に基づき、社会の出来事を理解し、客観的に分析できる人。
  • 大学で修得した知識を実践の場で活用し、組織の創造性を高めたいと考えている人。
  • 企業経営や商品の流通に関心を寄せ、組織のマネジメントやマーケティングのプロフェッショナルを志す人。
経営情報学科
  • 高校までの基礎学力を十分に有し、かつ自らの将来の夢と目標をしっかり持っている人。
  • 総合的な知識に基づき、社会の出来事を理解し、客観的に分析できる人。
  • 大学で修得したいろいろな知識を融合・応用し、組織の革新に挑みたいと考えている人。
  • 企業分析や企業における人間行動に関心を寄せ、情報、会計、心理のプロフェッショナルを志す人。

そのため経営学部では、一般入試において、国語、外国語(英語)を入試科目とし地理・歴史、政治・経済、数学を入試選択科目とすることで、基礎的な日本語・外国語の読解力や表現力、ビジネスコミュニケーション能力のほか、論理的な思考力、物事を数学的に捉えて考える数理的素養、社会を理解する基礎的知識と分析能力を有する学生を求めています。

また、経営学部に入学するまでに、各教科(国語、数学、外国語(英語)、地理歴史、公民、理科、情報、保健体育、芸術、技術家庭)の内容を理解し、基礎的な知識を身に付けておくほか、特別活動・課外活動を通じて自主性・協調性、社会貢献に対する意識を養っておくことが望まれます。

2部

経営学部は、建学の精神に基づいて、「組織を中心とした経営学教育」、「実践志向の経営学教育」、「グローバルな視点に立つ経営学教育」、「情報分析を重視した経営学教育」、「人間行動を重視した経営学教育」を教育理念とし、五つの教育理念のもと、経営分野の専門知識とそれを活かす実践力をあわせもち、組織や社会の発展に貢献しうるマネジメント能力に優れた人材を育成します。

このために、経営学部2部では、以下のような人を幅広く受入れます。

経営学科
  • 高校までの基礎学力を十分に有し、かつ自らの将来の夢と目標をしっかり持っている人。
  • 総合的な知識に基づき、社会の出来事を理解し、客観的に分析できる人。
  • 企業経営や商品の流通に関心を寄せ、組織のマネジメントやマーケティングのプロフェッショナルを志す人。
  • 企業分析や企業における人間行動に関心を寄せ、情報、会計、心理のプロフェッショナルを志す人。
  • 職場での問題意識を持ち、解決を図ろうとする行動力のある社会人。

そのため経営学部2部経営学科では、一般入試において、国語を入試科目とし英語、地理・歴史、政治・経済、数学を入試選択科目とすることで、基礎的な日本語の読解力や表現力、ビジネスコミュニケーション能力のほか、論理的な思考力、物事を数学的に捉えて考える数理的素養、社会を理解する基礎的知識と分析能力を有する学生を求めています。

また、経営学部に入学するまでに、各教科(国語、数学、外国語(英語)、地理歴史、公民、理科、情報、保健体育、芸術、技術家庭)の内容を理解し、基礎的な知識を身に付けておくほか、特別活動・課外活動を通じて自主性・協調性、社会貢献に対する意識を養っておくことが望まれます。

pagetop