大学案内

教育課程編成方針/法学研究科

教育課程編成方針/法学研究科

法学研究科修士課程のカリキュラムについては、法律学専攻・政治学専攻には「特論」「演習」「特殊講義」が置かれています。
同博士(後期)課程のカリキュラムについては、法律学専攻・政治学専攻には「特殊研究」が置かれています。カリキュラムは、昼間履修に加えて、社会人のための夜間履修体制をも備えており、院生各自の研究関心に対応出来るよう幅広く組み立てられており、各専門分野固有の知識と論理的思考能力を身に付けることができるように工夫されています。各専攻は、それぞれ関係する分野によって区分されており、論文作成のために個別指導的な方法を重視し、「指導教授」の講義・演習を重点的に履修することを求めています。

pagetop