大学案内

入学者受入方針/法学研究科

入学者受入方針/法学研究科

複雑化した現代社会では、伝統的な思考では対処・解決できないような様々な問題が発生し、その対応には専門的な知識と視点が必要とされています。 法学研究科では、このような社会的要請に応え、法律学及び政治学についてより高度な研究を進めようとする方々に、充実した研究の機会を提供し、諸問題の解決に貢献し得る研究者・高度専門職業人の養成を目的としています。

このような目的の下、本研究科には、修士課程・博士(後期)課程のいずれにおいても、法律学専攻・政治学専攻の二つの専攻コースを有しています。 多様な人材の確保のために修士課程・博士(後期)課程ともに「一般選抜入試」に加え、「社会人特例入試」を実施しています。

この入試制度と併せ夜間履修制度の実施により、社会的実務経験の中から法律学・政治学に特別の関心を抱くようになった社会人を積極的に受け入れています。

本研究科では、以下のような人を求めます。

  • 法律・政治学の分野において、高度に学術的な研究に意欲的な人
  • 社会での実務経験を重ねる中で、法律・政治に関連した問題に特別の関心がある人
  • 個別的関心を追究しながら、統合された知的基盤を基礎とし、法律・政治的素養の修得に強い関心を寄せる人

pagetop