大学案内

教育課程編成方針/工学研究科

教育課程編成方針/工学研究科

カリキュラム・ポリシー

修士課程

各専攻で講義に加え論文指導等により下記の目的を達成します。

建設工学専攻
  • 専門性の高い講義科目を幅広く開講し、高度な専門知識と幅広い知識を教授します。
  • 教員の指導の下で先端的な研究課題に取り組むことで、課題解決能力を習得させます。
  • 実験や調査などによって理論を実証する過程を実践することで、新たな知見を得る能力を習得させます。
  • 学位論文等の公開発表会、学会での発表を通して、論文記述・プレゼンテーション・コミュニケーション能力育成のための指導を行います。
  • TA(ティーチング・アシスタント)の経験を通して、教育能力を高める機会を提供します。


電子情報生命工学専攻
  • 専門性の高い講義科目を幅広く開講し、高度な専門知識と幅広い知識を教授します。
  • 専門分野を異にする教員が参加する形の集団指導・助言の下で、先端的な研究課題に取り組むことにより、幅広い視野と多様な思考形式に基づく課題解決能力を習得させます。
  • 実験や調査などによって理論を実証する過程を体得することにより、新たな知見を得る能力を習得させます。
  • 学位論文等の公開発表会、学会での発表を通して、論文記述・プレゼンテーション・コミュニケーション能力育成のための指導を行います。
  • TA(ティーチング・アシスタント)の経験を通して、教育能力を高める機会を提供します。


博士(後期)課程

各専攻で修士課程において修得した知識をより高度なものとし、特殊研究に加え論文指導等により下記の目的を達成します。

建設工学専攻
  • 専門性の高い講義科目を幅広く開講し、高度な専門知識と幅広い知識を教授します。
  • 教員の指導の下で先端的な研究課題に取り組むことで、課題解決能力を習得させます。
  • 実験や調査などによって理論を実証する過程を実践することで、新たな知見を得る能力を習得させます。
  • 学位論文等の公開発表会、学会での発表を通して、論文記述・プレゼンテーション・コミュニケーション能力育成のための指導を行います。


電子情報生命工学専攻
  • 専門性の高い講義科目を幅広く開講し、高度な専門知識と幅広い知識を教授します。
  • 専門分野を異にする教員が参加する形の集団指導・助言の下で、先端的な研究課題に取り組むことにより、幅広い視野と多様な思考形式に基づく課題解決能力を習得させます。
  • 実験や調査などによって理論を実証する過程を体得することにより、新たな知見を得る能力を習得させます。
  • 学位論文等の公開発表会、学会での発表を通して、論文記述・プレゼンテーション・コミュニケーション能力育成のための指導を行います。


pagetop