大学案内

教育課程編成方針/経済学研究科

教育課程編成方針/経済学研究科

カリキュラム・ポリシー

修士課程においては、経済政策、農業政策、中小企業政策、開発政策、環境政策、社会政策など、各種政策論に関する特殊講義を配するとともに、理論・思想・歴史および地域・国際関連の特殊講義を設け、経済に関する専門的知識のみならず、人間と社会に関する幅広い見識に裏打ちされた研究を促しています。また、それらの知識を基礎とし、入学から修了までの指導教員による一貫した論文指導を通じて、質の高い修士論文に結実するよう課程を編成しています。

博士(後期)課程においては、修士課程において修得した能力をさらに高め、創造性豊かな研究者を養成するために、経済政策史、経済規制政策、開発政策、環境政策、社会政策など、各種政策論に関する特殊研究を配するとともに、理論・思想・歴史および地域・国際関連の特殊研究を設け、経済に関するより高度な専門的知識のみならず、人間と社会に関する幅広い見識に裏打ちされた研究を促しています。また、それらの知識を基礎とし、入学から修了までの指導教員による一貫した論文指導を通じて、質の高い博士論文に結実するよう課程を編成しています。

pagetop