大学案内

入学者受入方針/経済学研究科

入学者受入方針/経済学研究科

アドミッション・ポリシー

経済学研究科は、経済政策専攻の修士課程および博士(後期)課程を設け、経済の理論・歴史・政策全般について精深な学識と研究能力を養い、学術の発展と社会の各分野における問題解決に積極的に貢献しうる能力を有する人材を養成することを目的としています。

修士課程においては、以上の目的に照らして、学部卒業レベルの知識・学力を有する以下のような人を求めています。

  • 現代における政策的諸課題に関する本質的論点をみきわめ、経済に関する専門的知識にもとづいて、みずから課題の解決に貢献しようとする人。
  • 経済に関する専門的知識にもとづいて地域社会の諸問題を分析し、みずから地域の発展のための実践的担い手となろうとする人。
  • 経済の理論・歴史・政策という伝統的研究分野を学び、経済に関する専門的知識にもとづいて社会に関する理解を深めたいと考える人。

博士(後期)課程においては、以上の目的に照らして、修士課程修了レベルの知識・学力を有する以下のような人を求めています。

  • 経済に関するより高度な専門的知識にもとづいて、現代における政策的諸課題や地域社会の諸問題等に関する独創的・先進的な研究を遂行し、自立した研究者として学術研究の発展に貢献し、あるいはまた、高度専門職業人として社会の発展に貢献しようとする人。


pagetop