大学案内

学位授与方針/文学研究科

学位授与方針/文学研究科

ディプロマ・ポリシー

単位認定及び成績評価は大学院学則及び文学研究科規則に明確化されており、厳正に行われています。文学研究科の授業科目及び単位の履修方法については、大学院学則の定めによるほか、「文学研究科履修規程」及び「文学研究科長期履修の取扱いに関する内規」に明示しています。なお、修士(文学)及び博士(文学)の学位は、大学院学則の定めによる修了要件を満たしたものについて、文学研究科委員会の議を経て、大学院委員会で認証のうえ授与します。

日本文化専攻

修士課程においては、所定の単位を取得し、日本文化に関する深い知見をもとに作成する修士論文の審査に合格することが求められています。修士論文は、テーマに関する研究史を踏まえていること、論の展開が整合的になされていること、自己の独自な見解が示されていること、などの点が満たされていることが、合格及び学位授与の条件となります。

博士(後期)課程における博士論文は、修士課程の研究が深められていることや先行研究を凌駕する独創性などが求められ、それらの要件を満たしていることが修了及び学位授与の条件となります。

英米文化専攻

修士課程においては、所定の単位を取得し、英米文化に関する深い知見をもとに作成する修士論文の審査に合格することが求められています。修士論文は、テーマに関する研究史を踏まえていること、論の展開が整合的になされていること、自己の独自な見解が示されていること、などの点が満たされていることが、合格及び学位授与の条件となります。

博士(後期)課程における博士論文は、修士課程の研究が深められていることや先行研究を凌駕する独創性などが求められ、それらの要件を満たしていることが修了及び学位授与の条件となります。

pagetop