大学案内

教育課程編成方針/文学研究科

教育課程編成方針/文学研究科

カリキュラム・ポリシー

文学研究科は両専攻とも「言語文化(文学と言語研究)」と「思想文化」、「歴史文化」、「環境文化」の四つの分野を広く視野に入れながら、新しい人文主義の可能性を探っています。

「言語文化」分野は大きく文学と言語研究に分かれます。文学は、文化と同様に人の営みのすべてと関連しています。人がコトバで考え、伝えようとする、すべての営為を取り上げ、その意味を探ります。言語研究では、日本語や英語の歴史や現代的展開、その応用としての言語教育について研究します。「思想文化」分野では、哲学・思想・宗教・芸術などの人文学的知を通じて、人間や文化について研究します。「歴史文化」分野では、史資料を読み解き、新しい歴史像を構築する営みを通し、自己(日本)と他者(世界)への認識を深めることを目指しています。「環境文化」分野では、人類学・考古学・地域研究・メディア論などのアプローチにより、人を育む自然環境、および人が作り出した人工環境の二つの環境と人間の「共生」について多角的に研究します。

日本文化専攻

日本文化専攻修士課程では、四つの分野の多様な視点から総合的に日本文化を理解することをめざしています。とくに、北海道にあって日本文化を学ぶためには、北海道の地域的特性を無視するわけにはいきません。そのために、アイヌの人々の文化と歴史、その他の北方地域や民族との関係やその歴史などの科目を開講しています。これにより、日本固有の文化について学ぶだけではなく、北海道をとりまく国際状況や文化の現状をふまえ、日本から世界への展望が可能となるはずです。

博士(後期)課程においては、修士課程の研究をさらに深めて独創的な学位論文を目指すべく、3年間にわたって系統的な指導・助言を受けられる科目構成や指導体制がとられています。

英米文化専攻

英米文化専攻修士課程では、文学研究科の教育理念である「新人文主義」を現代的視点から根底的に再構築するという形で展開されます。すなわち、「英米文化」の研究は、英国・米国だけでなく、ヨーロッパ・カナダ・ラテンアメリカ、場合によってはその他の地域をも射程のうちにとりこみ、文化論的考察をふまえながら進められることになります。

博士(後期)課程においては、修士課程の研究をさらに深めて独創的な学位論文を目指すべく、3年間にわたって系統的な指導・助言を受けられる科目構成や指導体制がとられています。

pagetop