学部・大学院

理論的・体系的知識を具体的な問題解決能力に高める教育

理論的・体系的知識を具体的な問題解決能力に高める教育

理論的・体系的知識を具体的な問題解決能力に高める教育

理論的・体系的知識を具体的な問題解決に応用する能力は、法科大学院教育の中心課題となるものです。2年次に配当される演習中心の基幹科目は、その課題を達成するための授業科目として位置づけられます。

公法系科目
2年次:公法演習I(憲法)、公法演習II(行政法)
3年次:公法総合演習(憲法・行政法・行政訴訟)

民事法系科目
2年次:民法演習I(民法Iに対応)、民法演習II(民法II、IIIに対応)、民法演習III(民法IV、Vに対応)、民事訴訟法演習(民商法に関する権利実現のための具体的方法)、商法演習、民事訴訟法I、民事訴訟法II
3年次:民事法総合演習(民事模擬事例の多角的検討)

刑事法系科目
2年次:刑事法演習I(総論)、刑事法演習II(各論)、刑事訴訟法I、刑事訴訟法II
3年次:刑事法総合演習(実体法と訴訟法の交錯)

演習を中心とする基幹科目においては、公法、民事法、刑事法という大きな枠がはめられています。しかし、現実にはこの枠を超えた法的問題が多く存在しま す。そこで、関連する法分野を視野に入れながら、総合的・複合的に問題を解決する能力を育成するための科目を、展開・先端科目の中に配置しています。展 開・先端科目は、「どのような法曹を養成するか」に応じて、3つの分野に関連科目を配置しました。(「地域密着型の法科大学院」参照)

pagetop