学部・大学院

基礎的な法学知識を養成する教育

基礎的な法学知識を養成する教育

基礎的な法学知識を養成する教育

基礎的な法学知識を養成するための授業は、法律基本科目群で行われます。基礎科目15科目34単位(既修者は修得したものとみなします)。および基幹科目(4科目8単位)、すべて必修科目です。

公法系科目
基礎科目:憲法I(統治機構)、憲法II(人権)、行政法I(総論)、行政法II(行政救済法)

民事法系科目
基礎科目:民法I(総則、物権)、民法II(債権総論(多数当事者の債権債務関係・債権譲渡・相殺の担保的機能を除く))、民法III(担保物権、多数当事者の債権債務関係、債権譲渡、相殺の担保的機能)、民法IV(事務管理、不当利得、不法行為)、民法V(家族法)、民法基礎演習I(総則、物権、家族法)、民法基礎演習Ⅱ(担保物権、債権総論、債権各論)、商法I(会社の組織・運営)、商法II(商法総則、手形小切手)
基幹科目:民事訴訟法I、民事訴訟法II

刑事法系科目
基礎科目:刑法I(総論)、刑法II(各論)
基幹科目:刑事訴訟法I、刑事訴訟法II

pagetop