学部・大学院

理念・特徴

理念・特徴

地域の法曹養成の拠点として

北海学園大学法科大学院は、北海道をはじめ地域社会に根ざして活躍する法曹実務家の育成を目指し、2005年4月に開設されました。
本法科大学院には大きな三つの特徴があります。

一つ目は、地域密着型の法科大学院であること。弁護士過疎地域の一つになっている北海道において、地域の法曹養成の拠点となることで地域の発展に貢献したいと考えています。

二つ目は、社会人のための法科大学院であること。21世紀の法曹は、さまざまな分野で活躍している人材からも養成することが求められていることから、社会人が在職したまま夜間で学ぶことができるよう、長期履修課程を設けています。

三つ目は、徹底した少人数制教育を行うこと。事例研究、討論、その他の適切な方法による授業を展開し、双方向・多方向の密度の濃い体系的・段階的な教育を行います。

カリキュラムは4つの科目群

カリキュラムは、「法律基本科目群」「法律実務基礎科目群」「基礎法学・隣接科目群」「展開・先端科目群」の4つの科目群から構成されています。
基礎的な法学知識の習得から理論的・体系的知識の習得、具体的な問題解決能力の育成、さらに実務的知識や能力を高める教育へと段階的にステップアップし、法曹として必要な知識と専門的技能の養成と向上を図ります。

経験豊かな教員が指導

法科大学院の指導には研究者教員と、元裁判官や弁護士といった豊富な実務経験を有する実務家教員があたります。また、実務科目は実務家専任教員を中心として、札幌弁護士会の協力を得て展開されます。「法理論と実務の架橋」という法科大学院の教育理念を実現すべく、より効果的な教育を行います。

pagetop