学部・大学院

建設工学専攻カリキュラム

建設工学専攻カリキュラム

建設工学専攻 修士課程

授業科目
社会環境系

開講の有無については研究科にお問い合わせください

科目 単位 科目 単位
基礎工学
応用数学特論 応用物理特論
計画システム分析特論 社会環境政策特論
構造工学
構造解析特論 構造設計特論
構造動力学特論 非線形構造解析特論
コンクリート構造設計特論    
材料・土質工学
材料強度学特論 寒地舗装工学特論
土質力学特論 地盤工学特論
計画・交通システム工学
都市システム計画学特論 交通計画学特論
道路工学特論 鉄道工学特論
水圏・環境工学
水循環工学特論 河川学特論
水環境工学特論 環境情報工学特論
環境リスク工学特論  
特別研究
社会環境工学特論ゼミナールⅠ・Ⅱ 各3 社会環境工学特別研究Ⅰ・Ⅱ 各3
建築系

開講の有無については研究科にお問い合わせください

科目 単位 科目 単位
建築構造工学
建築構造信頼性特論 建築構造力学特論
建築構造解析特論Ⅰ 建築構造解析特論Ⅱ
建築鉄筋コンクリート構造特論 建築構造設計特論Ⅰ
建築構造設計特論Ⅱ    
建築材料・生産工学
建設コンクリート工学特論 建築材料工学特論
建築生産工学特論 寒地建築工学特論
建築環境・設備工学
温熱環境計画特論 環境・エネルギー計画特論
都市環境評価特論 建築音響設計特論
設備計画特論 建築設備特別演習Ⅰ
建築設備特別演習Ⅱ    
建築計画・設計学
建築史・建築論特論Ⅰ 建築史・建築論特論Ⅱ
建築計画特論Ⅰ 建築計画特論Ⅱ
建築設計特論 建築設計特論演習
都市計画特論 都市計画特論演習
建築インターンシップ
建築インターンシップ    
特別研究
建築学特論ゼミナールⅠ・Ⅱ 各3 建築学特別研究Ⅰ・Ⅱ 各3
指導計画
第1年次
  1. ガイダンスを経て、指導教授と相談のうえ履修科目を決定します。
  2. 指導教授と相談のうえ修士論文作成の準備をすすめます。
第2年次
  1. 1年次の履修状況を確認のうえ、2年次の履修指導を行ないます。
  2. 修士論文の準備と執筆計画の具体化。
  3. 修士論文の提出(1月)と審査委員会の設置。課程修了者発表(3月上旬)。
  4. 学位記授与式にて学位の授与。
修了要件

指導教授の担当する講義2単位及び必修12単位を含む合計30単位以上を修得し、かつ、修士論文等の審査及び試験に合格することが修了要件となります。
上記要件を満たした方に、修士(工学)の学位が授与されます。

建設工学専攻 博士(後期)課程

授業科目

開講の有無については研究科にお問い合わせください

科目 単位 科目 単位
構造工学
構造解析法特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2 最適化設計特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2
荷重・信頼性特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2 信頼性解析特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2
寒地建設工学
寒地土木工学特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2 地盤力学特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2
寒冷地道路工学特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2 コンクリート材料特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2
寒冷地コンクリート特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2 環境材料工学特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2
地域・環境工学
防災計画特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2 音環境計画特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2
都市・社会工学
都市計画特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2 計画システム分析特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2
建築史・建築論特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2 建築計画特別講義Ⅰ・Ⅱ 各2
特別研究
建設工学特殊研究    
指導計画
第1・2年次
  1. ガイダンスを経て、指導教授と相談のうえ履修科目を決定します。
  2. 指導教授と相談のうえ博士論文作成の準備をすすめます。
第3年次
  1. 指導教授と相談のうえ博士論文作成の計画をたてます。
  2. 博士論文の準備と執筆計画の具体化。
  3. 博士論文の提出(12月)と審査委員会の設置。課程修了者発表(3月上旬)。
  4. 学位記授与式にて学位の授与。
修了要件

指導教授の担当する講義4単位を含む講義8単位、特殊研究6単位の合計14単位以上を修得し、かつ、博士論文の審査及び試験に合格することが修了要件となります。
上記要件を満たした方に、博士(工学)の学位が授与されます。

pagetop