学生生活

違法薬物利用防止について

違法薬物利用防止について

昨今、大学生による大麻や違法薬物の所持・乱用が大きな社会問題になっており、当事者である大学生等の逮捕などが、新聞・テレビ等で報道されています。

違法薬物等は、その使用だけでなく所持や栽培、製造、売買等においても重大な犯罪として大麻取締法や覚せい剤取締法、他の薬物の取締関係法により厳しく罰せられます。
また、薬物には常習性があり、心身を蝕まれ通常の社会生活が送れなくなります(「大麻は常習性がない」等の情報は誤りです)。

本学としても、このような違法行為に対しては、厳しい態度で臨み、学則による厳重な処分を下します。
違法薬物乱用の重大性を良く認識し、安易な気持ちや一時的な興味で違法薬物等に接することの無いよう十分注意するとともに、友人や周囲の人から誘われることがあっても毅然とした態度で拒否するなど、大学生として自覚と責任のある行動をとるようにしてください。

pagetop