学生生活

休学・退学・復学

休学・退学・復学

在学中に様々な事情により就学に支障をきたす場合が発生し、休学や退学を考えている場合は、 手続き等について早めに所属学部の事務室までご相談ください。

休学

疾病、その他のやむを得ない理由により、3ヵ月以上就学することが困難になったときや、その他の特別な理由があると認められたときなど、 一時的に修学の状態から離れる場合に休学することができます。

  • 休学を願い出る場合は、理由書(保証人連署。疾病やケガの場合は診断書、勤務等の都合の場合は職場長の証明書)が必要です。
  • 休学期間は、原則、当該年度限り(3月31日まで)です。
    ただし、以下に該当する場合は、第1学期の終わりまで休学することができます。
      ・学年の始めにおいて既に4年の修業年限を満たしている場合
      ・学年の始めにおいて前年度の第2学期のみ休学した場合
  • 休学できる期間は通算して、4年以内(大学院は所属課程の標準修業年限と同じ年数)です。
  • 休学期間は、在学期間に算入しません。
  • 休学を願い出るときは、その期までの授業料等納入金を納入していなければなりません。
  • 休学期間中の授業料等納入金は徴収しません。

※休学期間等については、学部と大学院で異なる場合があります。
 詳しくは所属の学部(研究科)事務室にお問い合わせください

復学

休学している学生が復学しようとする場合は、「復学願」と理由書等を休学期間満了前までに提出する必要があります。 手続きに関する書類は、すべて学費支給者の住所に送付いたしますので、その指示に従ってください。

復学の時期は、原則、年度初めですが、第1学期の終わりまで休学を許可された学生は、第2学期の始めに復学できます。

復学料は新入生検定料の2分の1の額で、復学するときは、復学料および復学する期の授業料等納入金を納入しなければなりません。

退学

病気その他やむを得ない理由により退学しようとするときは、本学所定の「退学願」(保証人連署)と 学生証を所属学部事務室に提出する必要があります。
なお、退学を願い出るときは、その期までの授業料等納入金を納入していなければなりません。


※懲戒による退学

  • 性行不良で改善の見込みがないと認められる者
  • 学力劣等で成業の見込みがないと認められる者
  • 正当な理由がなく出席が常でない者
  • 本大学の秩序を乱し、その他学生としての本分に反した者

以上のいずれかに該当する場合、退学となる場合があります。

再入学

懲戒による退学以外の退学者が、退学後3年以内に願い出ることにより、再入学することができます。
再入学は年度初めとし、再入学料(新入生検定料と同額)、入学金、再入学する期の授業料等納入金を納入しなければなりません。

除籍

次のいずれかに該当する場合は除籍となります。

  • 学則第7条に規定する在学期間(8年)を超えるとき
  • 死亡したとき
  • 行方不明になったとき
  • 授業料等の納付を怠り督促してもなお納入しないとき
  • 休学期間満了前に復学、退学又は休学の願い出がないとき
  • 入学を辞退したとき

なお、3、4、5により除籍となった学生は、除籍後3年以内に願い出ることにより、復籍することができます。


pagetop