学生生活

障がい学生支援

障がい学生支援

北海学園大学では、障がいのある学生のみなさんをサポートするために「障がい学生支援委員会」を設置しています。障がいやその他の理由で修学にあたって困難を感じている皆さんの相談に応じ、所属学部や学内各部署と連携をはかりながら、学生生活を送るうえでの悩みや障壁を取り除くための支援に取り組んでいます。

教室などの設備や各種施設に関する問題、授業や試験に関する要望、サークルなど課外活動に関する相談など、何か問題を感じたり、配慮を依頼したかったり、情報を得たいと思ったりしたときにはご連絡ください。障がい学生支援委員長(学生部長)が窓口となって支援手続きを進めます。

本学への入学を検討されている受験生や保護者の方や、入学が決定されている方の入学前のご相談にも応じます。

相談内容や相談者名などのプライバシーは厳守しますので、安心してご相談ください。

支援依頼・相談方法

まずはメールでお問い合わせください。

  csc@hgu.jp
  ※以下の項目を必ずご記入ください。
   ①氏名
   ②学生番号
   ③連絡先電話番号(携帯番号)
   ④メールアドレス
  ※依頼内容・相談内容を簡単にお知らせください。

北海学園大学の障がい学生支援

支援の申請

身体などの障がいのため、修学上の困難や不自由を感じている場合は、所属学部に対して支援申請を行うことができます。どのような配慮を受けられるのかといった情報をはじめ、支援の内容や方法、申請書作成のサポートが必要な方は事前相談を受けることができます。

支援の流れ
STEP1 支援申請

学生本人が所属学部の窓口へ支援申請書を提出します。

STEP2 支援前相談

学生本人(必要に応じ保護者も同席)と支援関係者(所属学部の障がい学生支援委員、教務委員、関係部局)の間で支援のニーズと支援の方向性を確認します。

STEP3 支援依頼(「配慮願い」の通知)

所属学部の障がい学生支援委員から、関係教職員に対し、授業等に関する配慮事項を文書で通知します。

STEP4 合理的配慮・調整・支援の実施

関係教職員による配慮・調整、情報支援、教材支援、学習支援などを実施します。

STEP5 試験の特別措置申請

試験の特別措置が必要な場合は、「試験の特別措置申請」を所属学部へ提出します。

STEP6 試験の特別措置

教務委員会の審議を経て、必要に応じて特別措置を講じます。

配慮・支援内容
入学前支援

①個別面談
入学試験時の配慮や入学後の支援内容に関する問合せには、入試課、関係学部と障がい学生支援委員会が連携して対応しています。メールによる相談も受け付けています。

②オープンキャンパス参加支援
事前の参加予約と相談に基づき、希望のプログラムへの参加に必要な支援を行います。

③入学試験配慮
問題・解答用紙の拡大/時間延長/座席/別室/解答方法/伝達方法などに関する配慮を行います。

修学支援

①授業中の配慮
配慮願の内容に応じて、授業担当教員および関係教職員が、
座席/板書/教材/支援機器使用/教室環境/伝達事項/ノートテイク/グループワーク/体調不良時の対応
などに関する配慮を行います。

②試験における支援
「試験の特別措置申請」をもとに教務委員会で審議の上、時間延長/別室受験/座席/解答方法などに関する配慮を行います。

進路支援

キャリア支援センターの障がい学生支援委員が中心となって、個別進路相談/就職先紹介/求人開拓/面接練習/外部機関との連携を行っています。

pagetop