入学案内

一般入試に関するQ&A

一般入試に関するQ&A

北海学園大学への入学を考えている方からよくいただく、一般入試に関する質問とその回答をまとめました。

志願するにあたって

試験内容

出願書類の準備・記入方法

試験当日までに

志願するにあたって

入試データを見ると、募集人員と合格者数が違うようですがどういうことですか?

合格発表時には、募集人員よりも上回る合格者を発表することがあります。これは他学部などとの併願者がいるので、合格者全員が入学手続を行うわけではないからです。

↑ページトップ

北海学園大学の難易度はどれくらいですか?偏差値はどれくらいですか?

「難易度」や「偏差値」は大学が決めているものではなく、予備校などが算定したものです。ご自身の高校の進路指導の先生にたずねてみるか、予備校や受験雑誌の情報を参考にしてください。

↑ページトップ

一般入試では何科目で受験するのですか?

1部(昼間部)は3科目、2部(夜間部)は2科目で合否判定します。2部については選択科目を2科目受験した場合、高得点の1科目を合否判定に使用します。

↑ページトップ

一般入試でリスニング試験を行うのはどの学科ですか?

人文学部1部英米文化学科には英語のリスニング試験があります。
一般入試リスニング問題はこちら

↑ページトップ

経済学部・法学部の一般入試はそれぞれ2日間ありますが、どちらも受験できるのですか?

受験できます。2日間の試験内容はもちろん異なりますし、それぞれ合格点に達した場合は、それぞれ合格通知が届くことになります。

↑ページトップ

経済学部・法学部の一般入試はそれぞれ2日間あり、どちらに出願するか決めかねているのですが。

志願者に偏りが生じても、ここ数年は合格倍率(実質倍率)は同程度になっています。本学の併願学科の日程や他大学の受験日などと調整のうえ試験日を決めるとよいでしょう。 もちろん、2日間とも受験することも可能ですし、1日だけでも構いません。

↑ページトップ

札幌以外で受験は可能ですか?

一般入学試験は札幌会場以外に、旭川、帯広、函館、盛岡、東京で試験を行っています。

  • 札幌:北海学園大学豊平校舎【札幌市豊平区旭町4丁目1番40号】
  • 旭川:北洋ホール【旭川市4条通9丁目1703番地 旭川北洋ビル8F】
  • 帯広:とかち館【帯広市西7条南6丁目2番地】
  • 函館:サン・リフレ函館【函館市大森町2番14号】
  • 盛岡:アイーナ(いわて県民情報交流センター)【岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号】
  • 東京:早稲田予備校東京本校【東京都新宿区高田馬場4-4-21】

詳細はこちら

↑ページトップ

地方在住なので、受験時の札幌での宿泊先を探しています。大学で紹介しているのでしょうか?

大学生協でご紹介しています。(TEL:011-811-8689) 本学の一般入学試験日(2月9日~2月12日)は例年さっぽろ雪まつりと日程が重なっているので、早めに宿泊先を決めることをおすすめします。

↑ページトップ

試験内容

筆記試験の解答方法は?

筆記試験は、英語のみマークシートでそれ以外は記述式です。

↑ページトップ

選択問題の科目はいつ選択するのですか?

試験当日、選択科目の試験時間に、選択科目が一冊にまとまっている問題冊子が配られますので、その場で選んで解答することになります。

↑ページトップ

経済学部・法学部の一般入試はそれぞれ2日間ありますが、試験問題は異なりますか?

試験日の異なる試験は異なる問題となります。

↑ページトップ

各科目に足切点はありますか?

足切点はありません。総合点(合計点)で判定します。

↑ページトップ

配点はどのようになっていますか?

公表しておりません。

↑ページトップ

試験科目の「国語総合(近代以降の文章に限定)、現代文」は古文、漢文は含まれないということですか?

その通りです。

↑ページトップ

出願書類の準備・記入方法

併願はいくつできますか?

試験日が異なる学科は併願できます。一般入試の試験日は2/9~2/12の4日間なので、最大4併願できます。また、一般入試と大学入試センター試験利用入試の併願も可能です。

↑ページトップ

第二志望について教えてください。

第一志望の学部・学科で合格点に達しなかった場合に、新たに願書を提出しなくても、副次的に第二志望の学部・学科で合格が認められる制度です。ただし、以下の条件があります。

  • ●第二志望の学部・学科の定員に空きがある場合に限られます。
  • ●第一志望で合格点に達した場合は、第二志望で合格する事はありません。
  • ●第二志望が適応されるのは、入学試験で一定以上の点数を得た場合のみです。したがって、常に第二志望に合格するとは限りません。

■一般入試で第二志望を行う場合

第一志望 第二志望
経済学部 1部 [2月9日試験] 経済学部 2部 [2月9日試験]
経済学部 1部 [2月10日試験] 経済学部 2部 [2月10日試験]
経営学部 1部 経営学科 経営学部 2部 経営学科
経営学部 1部 経営情報学科 経営学部 2部 経営学科
法学部 1部 [2月11日試験] 法学部 2部 [2月11日試験]
法学部 1部 [2月12日試験] 法学部 2部 [2月12日試験]
人文学部 1部 日本文化学科 人文学部 2部 日本文化学科
人文学部 1部 英米文化学科 人文学部 2部 英米文化学科

■大学入試センター試験利用入試Ⅱ期で第二志望を行う場合

第一志望 第二志望
法学部 1部 法学部 2部

↑ページトップ

第二志望をするには別途検定料が必要ですか?

必要ありません。
2部も進学先として検討している方は、願書記入欄で「第二志望する」を選ぶことをおすすめします。

↑ページトップ

眼鏡の有無の記入欄はどのように書けばいいですか?

試験当日、どちらであるかを記入してください。

↑ページトップ

試験当日までに

出願状況はどこで確認できますか?

ホームページより学科別の志願状況を提供しています。一般入試は1月下旬より随時更新予定です。

↑ページトップ

合格発表

第二志望で2部に合格しましたが、1部の追加合格の対象からはずれることはないですか?

ありません。1部の不合格者全員が対象になります。第二志望の学科で入学手続(入学金・授業料等の納入)をしていて追加合格した場合は、手続きの振替が可能です。納入金は差額分をお支払いいただくことになり、二重にお支払いいただくことはありません。

↑ページトップ

追加合格がある場合、いつ発表になるのでしょうか?

入学手続状況によっては、成績上位者から追加合格者を発表することがあります。なお、事前に追加予定者としての通知はしませんが、全受験者に試験結果通知を行っていますので、受験者の総得点と受験学科の合格点を比較できる仕組みになっています。

  • 1回目の追加合格発表日:3月4日以降
  • 2回目の追加合格発表日:3月11日以降

※なお、追加合格に関するお問い合わせには一切応じませんので、あらかじめご了承ください。

↑ページトップ

追加合格者はどのように発表になるのですか?

追加合格となった方には、まずはお電話にてご連絡いたします。同時に合格通知もご自宅に発送されます。 万一、お電話がつながらなかった場合でも、合格が取り消されることはありません。

また、本学のいずれかの学科ですでに入学手続(納入金の振込み・入学手続書類の提出)を行っている場合でも、追加合格者の対象となります。その場合、すでにお支払いいただいた納入金を追加合格学科に振り替えることができますので、二重にお支払いいただくことはありません。差額分の支払い、または返金をすることになります。

なお、合格受験番号の学内での掲示、本学ホームページでの掲載は行いません。

この追加合格の件に関しまして、お電話のお問い合わせには一切応じませんのであらかじめご了承ください。

↑ページトップ

pagetop