大学案内

入学時の諸手続きについて

北海学園大学への入学に必要な諸手続きについて、よくいただくご質問とその回答をまとめました。

入学時の諸手続きに関するよくある質問一覧

入学金や授業料、その他学費等納入金、それら以外にかかる費用について教えてください。

入学金と授業料の納入金はこちらをご参照ください。

教科書や参考書は、学部や学科、履修する科目によって異なりますが、およそ年間3~5万円程度かかるようです。

入学手続時にかかる必要なお金はいくらですか?

「入学金」「前期分の授業料等」を納めていただきます。
詳細はこちら

入学手続時の納入金の振込期間を教えてください。

下記の表が入学手続期間の一覧です。入学手続時には「入学金」「前期分の授業料等」を納入していただきます。
授業料等は二期分納となっております。後期の授業料等の納入期限は9月30日までとなっています。
7月頃に、1年生の後期分と、2、3、4年生分の授業料等の振込用紙をまとめて送付します。

  入学金 授業料等(前期分)
公募推薦入試 2014年12月11日(木)~12月25日(木)
指定校推薦入試
課題小論文入試
社会人入試I期
海外帰国生徒入試
外国人留学生入試 2015年1月23日(金)~2月6日(金)
併設校推薦入試 2015年2月24日(火)~3月3日(火) 2015年2月24日(火)~3月10日(火)
一般入試
大学入試センター
試験利用入試I期
大学入試センター
試験利用入試II期
2015年3月17日(火)~3月24日(火)
社会人入試II期 2015年3月13日(金)~3月24日(火)

注意点:

  • 合格通知に同封の振込用紙を用い、金融機関の窓口より電信扱いでお振込みください。(ATMは不可)
  • 北洋銀行本支店では振込手数料は無料ですが、他行では有料となります。
  • 期日までにお振込みが無い場合、入学を辞退したものとみなします。

※納入金額についてはこちら

入学手続(入学金、授業料等の納入)が遅れました。受け付けてもらえますか?

いかなる理由があっても、所定の期日までに入学手続(入学金、授業料等の納入)を完了しない場合、入学は許可されません。

ATMで入学金、授業料等の振込みはできますか?

ATMでの振込みはできません。必ず本学所定の振込用紙を用い、金融機関の窓口にて電信扱いでお振込みください。なお、北洋銀行の本支店では手数料が無料となっています。

授業料等の延期手続書類が欲しいのですが。

合格された方に送られる「入学手続要項」の中にあります。

入学金、授業料等を延期できるのはどのような場合ですか?

まず、入学金は延期できません。授業料等は入学金を納めている場合に限り延期手続ができます。

【併願大学の発表を待つことによる延期希望の方】 下記のすべてに該当する方は延期ができます。 (1) 入学金を期日までに納めていること (2) 期限内に延期書類を提出すること (3) 併願大学の合格発表が3月11日以降であること

【経済的理由による延期希望の方】 下記のすべてに該当する方は延期ができます。 (1) 入学金を期日までに納めていること (2) 入試課の担当者に経済的理由を説明し、延期を許可された場合(お電話にてご連絡ください) (3) 上記(2)を済ませてから期限内に延期書類を提出すること

授業料等を延期する場合、いつまで延期できますか?

他大学を併願している場合(3月11日以降に合格発表の場合のみ)は、3月24日まで延期できます。

経済的な事情で延期を希望の方はそれぞれの事情を伺ったうえ、延期の期日を設定いたします。ただし、その場合も最大の延期期日は3月24日までとなります。いかなる理由がありましても3月25日以降は認められません。その期日までに授業料等をお振込みできない場合は、入学を辞退したものとみなされます。

経済的事情で期日までに授業料が払えそうもないのですが。

まずは入試課へお電話にてご相談ください。担当の者が事情をお伺いいたします。事情によっては延期の手続をすることができます。ただし、延期できるのは授業料のみで入学金は期日までにお支払いいただくことになります。

TEL:011-841-1161(代表) 入試課直通フリーダイヤル:0120-86-2244

他大学を併願しているので、授業料の納入を延期したいのですが。

入学金を期日(3月3日)までに納めている場合に限り、授業料等の延期手続ができます。ただし、3月11日以降の合格発表の大学を併願している場合のみです。詳細は合格者に送られる「入学手続要項」の”第二次手続の延期について”をご覧ください。

他大学を併願することを理由とした延期の場合、本学に提出する入学手続書類の締切も同様に3月24日まで延期されます。
なお、延期手続をしたあとに他大学に入学することが決まった場合、すでにお支払いいただいた入学金についてはお返しできません。

延期できない例:
3月7日に併願している大学の合格発表がある場合、その時点で本学に入学するか、併願大学に入学するかを決めることができますので、本学の授業料等納入締切日の3月10日に間に合うことになります。ですから、延期することはできません。

奨学金について教えてください。

大学生活や経済的側面から支援するものとして、奨学金制度があります。大学独自のものや民間団体のものまで多くの奨学金があり、入学直後に「奨学金説明会」を実施しています。 奨学金を給付するもの(返還の義務はない)としては「北海学園奨学金」、奨学金を貸与する主なもの(返還の義務がある)としては「日本学生支援機構奨学金」があります。 本学では在学生の3分の1以上の方がなんらかの奨学金制度を利用しています。 詳細はこちら

奨学金で入学手続時納入金の支払いをしたいのですが。

多くの方が利用される日本学生支援機構奨学金の支給は入学後(6月~7月)となりますので、入学手続時納入金の支払いにあてることはできません。

高校在学中に予約採用された方も同様に入学後(5月)に支給となりますので、奨学金での支払いはできません。

第二志望先の学科で入学金と授業料等を振り込んだ後に、1部の第一志望先で追加合格した場合、納入金はどうなりますか?

差額分をお支払いいただくことになります。二重にお支払いいただくことはありません。

北海学園大学に入学金を納めましたが(授業料等はまだ納めていない)、他大学に入学することにしました。その場合、何か大学への連絡は必要ですか?

授業料等を期日までに納められていない方は、自動的に本学への入学を辞退した方とみなしますので、書類の提出や電話でのご連絡は必要ありません。

入学金と授業料等を納入後、やむを得ず入学を辞退する場合はどうしたらいいですか?

辞退の意向が決まりましたら、早急に入試課までご連絡ください。所定の期間内に入学辞退・学費等納入金返還手続を行った場合に限り、入学金を除く既納入金を返還します。詳しくは合格者に送付される「入学手続要項」をご参照ください。

なお、入学金を振り込み、授業料等をまだ振り込みしていない場合はそのままで入学辞退とみなしますので、ご連絡は必要ありません。

pagetop